空気の冷たさが増すにつれ、忘れていた歌を思い出すようになりました。
心細さや人恋しさと間違えてしまうこの季節に聴くべきは、少女の透明感を宿した音楽だと思います。

中谷美紀『逢いびきの森で』


中谷美紀『汚れた脚』

この二曲は、高校生の頃から聴いてるアルバム『食物連鎖』の3曲目と4曲目に入ってます。
私にとっての『少女』という倫理は、このアルバムで描かれたものが背骨にあると思います。
『逢いびきの森で』は小西康晴作詞作曲。
『汚れた脚』は、売野雅勇作詞、坂本龍一作曲。
松本隆の歌詞が凄いことも、私は中谷美紀の歌で知りました。

中谷美紀『雨だれ』


他に、『水族館の夜』『鳥籠の宇宙』あたりもすごい好きなのですけど
この辺はYOUTUBEになかったのでざんねん。
肌寒くなった季節には、心細くも何かを信じる孤独で潔癖な少女の視野を経験してみるのに
好い季節だと思います。
中谷美紀の音楽は、ほんの一例でしかないけれど。



Jane Birkin『Jane B』


Jane Birkin『Baby Alone In Babylone』


久しく考えていなかった少女という概念を考えてみた時に浮かぶのは、上記で貼った中谷美紀の歌と
ジェーンバーキンのことでした。
ジェーンは現在もう60を軽く超える女性ですが、彼女は現在も一人の身軽で屈託のない少女のまま
年齢を経て生きていることを感じます。
ですが、彼女が本物の少女で会った頃に宿していた色濃い孤独や憂鬱さの影は、間違いなく
結晶に近い純度の、少女という概念の核に近いものだったと思います。

Jane Birkin『Yesterday, yes a day』




音楽以外で、少女について考えた時に思い出すのは、綾辻さんの描く少女のイメージです。

あと、京都の古い喫茶店で、姿勢よく給仕する少女たちへの憧れが強いです。
歴史を重ねた静謐な場所で、端居する楚々とした佇まいの女の子たち。
私も名曲喫茶で延べ三年働いていたものの、その少女像に近付きたいという憧れは
結局叶わなかったような気がします。

あと、思い出したのが、恵文社で見つけたロルの燐寸に記されていた
「少女は燐寸を擦るために、煙草を喫う」という一文。
とても端的に、的を射ている言葉だと思います。

そんなことを考えたのも、下北沢『バブーシュカ』の記事を書いたからなのかもしれないです。
[PR]
by pinngercyee | 2013-11-03 18:42 | 日々
今日が、余りに綺麗な、青く高い空の下で柔らかく金木犀の香る秋の日で、居ても立ってもいられなく
衝動的に散歩に出かけました。
a0223987_1584166.jpg

a0223987_1592665.jpg

行先は、なんとなくで根津・千駄木。
イヤホンは、秋になって思い出す小沢健二です。
歯車君がタイミングよくtwitterで「小沢健二のラブリーを爆音で聴いてる」と言っていたことも
理由の一つかもしれません。
こんな美しく晴れた秋の日に、生きていることを思い出すような実感するにうってつけの日に
聴くべき音楽は、愛と予感に満ちた小沢健二は相応しいように思えました。

ラブリー

「Life is a show time すぐにわかるのさ 君と僕とは恋に落ちなくちゃ 夜が深く長い時を越え」
この歌は、聴くタイミングをすごく選ぶ一曲だと思うのですが、今日の明るい秋の日の下
知っているようで知らない街を、明るい未来への予感を胸に、好奇心の導くままにほっつき歩く午後、
とても楽しく相応しくそぐうものでした。
この歌って、具体的な恋愛の歌と言うよりも『生きている中で予感する未来への恋心』みたいなものを
歌ってるんじゃないかしらと思います。
「Lovely Lovely Way Can't you see the way it's a」
ここの後半が近年のコンサートでは、『完璧な画に似た』と歌詞が改められています。
運命的なものに導かれて、明るく美しい人生の予感を信じる時の歌だと思います。

a0223987_214782.jpg

住宅街の一角で、音もなく色付いていく洋酒山牛蒡。

大人になれば


ある光

「この線路を降りたら全ての時間が魔法みたいに見えるか 今そんなことばかり考えてる 慰めてしまわずに」
頭が良くてセンスのいい、でも一人でしかない痩せっぽちの青年が、真摯に人生を思う姿を
誠実に歌という形にしたのがこの一曲なんじゃないかという気がしました。

地下鉄を千駄木で降りて、知らない道を気の向くままに歩いていくと、東京大学に突き当たりました。
a0223987_265329.jpg

柵越しに覗き込んでみた東京大学構内のアカデミックな空気に、ミーハーな気持ちでときめいて
門が開いていたので、ふらっと潜入してみました。
a0223987_282872.jpg

a0223987_210622.jpg

母校ではない大学に潜り込むのは、そわそわしますが楽しくてとても好きです。
大学それぞれの構内を歩いた時に感じる空気や雰囲気みたいなものが
その学校の持つ空気なんだなあと感じたりとか。

指さえも

小沢健二の曲の中で、というよりも、世の中の歌で、最も甘い歌なんじゃないかと思う一曲。

おやすみなさい、子猫ちゃん!

すいません、こっちのほうが甘かったです。最高潮ロマンチック。
「ディズニー映画のエンディングみたいな 甘いコンチェルトを奏でて静かに降り続ける お天気雨」
っていうフレーズが、どうしてこれほどまで甘く響くのか、全く分かりませんが、なんだか泣けてきました。
「夏の嵐にも、冬の寒い夜も、そっと灯りを消して眠ろう またすぐに朝がきっと来るからね」

夢が夢なら

この歌、すごい好きなのですが、予想外にすっごい楽しそうなPVで驚きました。



軽い気持ちで潜入した東京大学の中が予想以上に広く、私は迷って歩き回った挙句
やっと出口に辿り着いたと思ったら、そこは上野公園の池の前でした。
a0223987_2414661.jpg

根津のノマドでフレンチトーストを頂こうという算段が崩れ、とは言ったものの
根津まで戻るのも嫌で湯島まで歩き、そこから千代田線に乗って渋谷方面へ。

ブルーの構図のブルース

これは、個人的には船の中で聴いた記憶と重なるのですが、一人で居ることが怖くなくなった曲でもあります。

渋谷のパルコ3の4階にあるONLY FREE PAPERで、すみれちゃんの作る冊子『おふざけ人形』を入手して
今度は原宿まで歩きます。
『マズロウマンション』執筆時に協力いただいた仙境さんに献本して、焙煎したばかりの豆を分けて頂き帰宅。
「この小説は良くできてるけど、やっぱり原作の力が凄いよ。原案がとにかく秀逸」との言葉を頂き
「そうだよね、私もそう思う。じゃなきゃ、人の原作のものわざわざ書こうと思わないもの」と応えました。

何気に、めちゃくちゃ歩いたような気がします。足が重いもの。
今日の日記はそんな感じです。
気が済んだので、足に湿布を貼って眠ります。
[PR]
by pinngercyee | 2013-10-14 02:49 | 日々
秋になるのは、やはり急な気がします。
昨年も、ここで、「急に夏が死んでしまって」と書きましたが
やっぱり今年も暑さを忘れて肌寒さを意識したのは、ある日突然だったように思います。



秋になったら、と思い出したものを書いてみようと思います。
まず、秋の夜の音楽。

sleepingdog 『Untitled Ballad Of You And Me』

このCDをずっとリピートで聴いてるイメージです。私にとっての秋の夜。白ワインがあっても好い。

vashti bunyan 『If I Were』

一人きりで肌寒さを思い出す時の音楽。

kyooo 『Tower』

以前も貼った動画ですが、やっぱり大好きなのでこれ。
暗闇の中で、手の届かない遠くに灯る明りを眺めている時の気持ちを思い出します。
それにしても、声も歌もギターもなんて静謐なんだろう。
soundcloudにUPされている作品たちも可憐で素晴らしいので、よければぜひ。
http://soundcloud.com/kyoooooyk

saint etienne


冷たく乾いた空気の中で、寂しくなりたい時は、個人的にsaint etienneです。
1999年に出た『misadventure of saint etienne』というアルバムが大好きで
引っ越しなどのどさくさで紛失してしまってから長く聴けていないのですが
先ほどアマゾンで見てみたら絶版になっていてショックでした。
saint etienneは何となく京都の記憶と重なります。京都にいた頃は年中こんな感じでした。



なんか寂しくなってきたので、毎年の私の秋の夜の愉しみ『ツインピークス』のことを書きます。
もう本当、ここ何年かは毎年秋になると、ツインピークスを見たくなって毎年見ているので
いい加減内容やセリフや展開を把握してきてしまったのですが、それでも今年も見たくなっているので
きっと今年もずらっと借りてきて毛布に包まってみるのだと思います。

こうやって見てみると、珈琲を飲みまくる作品ですね、これ。
珈琲とチェリーパイに大はしゃぎするクーパーさんがかわいい。かわいい!!

ホテルで逆さ吊りトレーニングをしているクーパーさん。

森の中で演繹法的操作実験をするツインピークス署の愛すべきご一行。テーブル上のドーナツが壮観。

いえ、別に、クーパーさんに萌えるために見てるわけではないんですが!!
面白いので、未見の方、この秋の夜に見たらいいと思います。おすすめ。



あと、何だろう。
寒くならないうちに、日比谷公園の松本楼のテラスで一度くらいはお食事しないとと思ってます。
素敵なの。
ここはイチョウが黄色くなる頃でもいいかも。

あと、秋になったら食べたいものは、吉祥寺の武蔵野文庫の焼林檎ですかね。
これはリンク先の記事に詳しく書いてるので、そちらぜひ。
[PR]
by pinngercyee | 2013-09-29 03:15 | 日々
こんにちは。

今日は携帯を忘れて出かけまして
一日、暇があると鞄に入っていた久世光彦の花迷宮を再読していて
氏が自分の子供の時代の記憶を懐かしく辿るのを読みながら、その背後で漂っている
当時の空気を内包したような音楽が聴きたくなって
そしてそれが、今のこの湿度を濃く含んだ温い空気に果実が熟れていくみたいに
とても似つかわしいものに思えて、今日はそんなことを考えていました。

夜来香

この歌大好き。

蘇州夜曲

この歌の作詞、西條八十だったって知らなかったです。
すてきねえ。

李香蘭ふたつ貼ったら気が済んだので今日はここまで。

もう終わってしまったけど、梔子の匂いとか、その前のジャスミンの匂いとか
すごく肌に沁みるみたいに季節を感じたなあと思ったりしました。
近頃は、夕暮れ時に帰宅する道で、まだ熟れてもいないはずのイチジクの匂いがするのが嬉しくて
立ち止まったりしています。
[PR]
by pinngercyee | 2013-07-09 21:52 | 日々
おこんにちは。
窓辺卒業のお知らせの裏で、ひっそりと春を迎えるためのものについて書いてみます。



あがた森魚『春の嵐の夜の手品師』


柔らかい匂いがして、強い風が吹く春の始めの日に、毎年唐突に思い出される歌です。
春を迎えた柔らかい夜に、これより相応しい歌を私は知りません。
「明日になれば全てが判るもの あなたが夢見た全てのことが」
春が訪れて、今まで冬が静かに守っていた夢や幻がすべて暴かれてしまうことは
やっぱり残酷なことなのだと思います。



シューベルト ピアノ五重奏曲『鱒』


名曲喫茶で働いていた頃、窓の外の桜が咲いて、黄色い柔らかい春の光が差し込む頃は
毎日のようにこればかり掛けていました。
春先のまだ冷たく澄んだ水の中を、すいすいと小さな魚が泳いで行くのが見えるみたいです。
鳥が鳴いて、光がさして、木漏れ日が揺れている、永遠みたいな幻。
春という季節が、幸せや生命の象徴みたいな美しさがあることを、思い出させてくれる気がします。




チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調


これも上記に同じく、勝手に春のイメージな曲。
朗らかで、無邪気で、愛に満ちている気がします。
ヴァイオリンが先頭で子猫のように軽やかに踊るのを見守るように従うオーケストラ。
そして、光に包まれた力強さで全てを巻き込んで世界に満ちる主旋律。
言葉のない音楽とはいえ、こんなに生命力に溢れて可憐だと思わせる音楽って
凄いのだと思います。



春の音楽については気が済んだので、次は、春の食べもの。

贔屓にしている和菓子屋で、草餅や道明寺が並ぶのをずっと楽しみにしていたという
そんな話はありますが、ちょっと個人的すぎるので。

去年、街はぴの記事にも書きましたが、高野の桜のジャムは美しい食べ物だと思います。

春の日の幻 『新宿高野・薔薇と桜のジャム』



そしてこの季節、毎年思い出すのが、安房直子の短編小説『花びらづくし』。
小学校の図書室で借りた『風のローラースケート』という本に収められている一作でした。

日本の山間に暮らしている茂平さんの奥さんに、ある日一枚の招待状が届く。
「さくら屋にご招待します。花ふぶきの午後、おでかけください。
 お金は、百円お持ち下さい。ぜんぶ、五円玉で、おねがいいたします」
桜の精が催すお祭りに出かけた奥さんは、小さな注意を気に留めず、恐ろしい目に遭ってしまいます。
桜の花びらで作られた美しいものを並べ、女の人たちはみんなうっとりとしている半面で
こんなに恐ろしい思いをすることになるとは、誰も夢にも思っていなかったと思います。
これが例えば、架空の話でなかったとして。
これから満開を迎えて、人々がその下に集って、一面に春の景色を示し知らせる桜の花に
本当に怖いものは潜んでいないのでしょうか。

大人になっても、子供の頃のある日に桜の幻に背筋を凍らせた恐ろしさは、未だ私の中に
息づいていることを感じます。そんな作品、そんな幻を抱く一作です。
機会があれば読んでみて下さい。

桜の季節の怖いイメージというと、私は、坂口安吾よりも、梶井基次郎よりも、安房直子です。



あ、春の歌、唐突に二つ思い出した。

吉井和哉 『パール』

これは春というより夜明けの歌だけど、夜明けを迎える絶望は、春を迎えるそれと同じだと思う。
「夜よ負けるなよ 朝に負けるなよ 何も答えが出てないじゃないか」

イエローモンキー『プライマル』

小さかった女の子が、唇を赤く塗って大人のように笑い、卒業を迎える歌。
この歌を、私は大学卒業の時期に、ずっと聴いていました。「卒業おめでとう」
個人的な郷愁ですが、今でもこの歌を聞くと、苦しくてはち切れそうになります。
[PR]
by pinngercyee | 2013-03-16 15:27 | 音楽
毎年、12月になって街にクリスマスソングが流れて、クリスマスの文字を見る度に
「クリスマスの歌なんて24~25日の当日に聴かなきゃ意味なくない?」と
斜めになった気持ちを持て余す癖に、20日を過ぎてから
「クリスマスの歌聴かなきゃ、ていうか何を聴けばいいのか全然考えてなかった」と
焦る気持ちに追われてしまいます。

そもそもそんな、斜めになった気持ちを抱かず素直に12月の間はクリスマスの歌を
楽しんでいれば、こんな数日前に消化不良のような焦りを抱かずに済むのになとは
我ながら思うのですが。



クリスマスの歌を、もとい、クリスマスを大切にするための音楽を
今日は貼ってみようと思いついたので、やってみます。

(数日前に、ツイッターで「あなたにとってのクリスマスソングは何ですか?」という
 ふるたさんの問いかけがあったことも切っ掛けであったかもしれません。)



クリスマスを大切にするための音楽と言うと、一番に浮かぶのが
聖歌隊の少年たちの歌う聖歌だったりします。




本当は"Wonderful christmas time"を貼りたかったのですが、見つからなかったのが残念。
boys air choirはイギリスの教会聖歌隊の精鋭を集めたグループで
何年か前までクリスマス時期に来日してクリスマスコンサートをやっていて。
私もオペラシティやフェスティバルホールへ見に行ったことがあります。
そういえばもう来ないのかしら。素晴らしかったのに。

クリスマスの音楽のCDとしては、彼らの"Merry Christmas"が一番に思いつきました。
個人的には、これ一枚あればクリスマスは乗り切れます。

このCDをリピートしながら、シチューを作り、清らかな気持ちで部屋で甘いドイツワインを開け
チキンとケーキを買って来て、部屋で静かに過ごすのが、個人的には理想のクリスマスの夜の
過ごし方だと思います。なんて簡単。でも毎年そんなです。私にとってのクリスマス。



ところで「クリスマスを大切にするための音楽」と一般に言う「クリスマスソング」って
別物ですよね。前者の方が狭義というか。ポップソングは後者に含まれるように思います。

先述のふるたさんの問いかけに、私は「クリスマスソングを一曲選ぶなら何だろう?」と
丸一日くらいもやもやと考えたのですが、お洒落な歌や流行歌よりも、結局のところ
自分にとっての特別な歌を選ばざるを得ませんでした。

結局のところ、答えたのは、この歌です。
「きみは誰よりも大切な人だからどんなに歳月が流れても笑っていてほしい」
「祈ってる僕なんかどうなっても君がいつまでもいつまでも幸せでありますように」
ってところで、この歌を聴く度に毎回泣いてしまいます。

★☆追記201312
この曲のリンク、今直したのですけど、この動画やっばいですね。
神様が天使だった頃の映像みたいな。痛いこと言ってすいません。



クリスマスの映画といえば思い出す『若草の頃』からも一曲。

この映画も大好きです。



「すぐChristmas Timeが来るさ」という一節が、誰かの囁きのように不意に思い出される歌。


どんどん思い出してきました。


あがたさん!
[PR]
by pinngercyee | 2012-12-23 00:34 | 音楽
急に秋が来て、というか急に夏が死んでしまって、急に我に返ったような気がしています。



私は自律神経があんまり強くなく、夏の間は、日々夏バテで朦朧としていて
毎日「今日一日がどんなにつらくても、乗り切って家に帰ったら倒れこんで眠れる」というような
毎日が短距離走のような気持ちで、日々を過ごしていたんです。

ということに、秋になってみて、気付いたんです。
一日が終わっても、半死状態になっていないというか。余力があるというか。
ようやく、普通に人並みに体を動かせるようになって、本当にほっとしています。
夏の間、本当に何もしてないので、そろそろいろいろ頑張ります。。



この夏、一番よく聴いた歌がVAMPSのAngel Tripでした。

「はめ外してもっと騒ごう 壊れそうになって騒ごう」「辛くても笑って」という言葉が
この夏の間に見た景色の鮮やかさや、光の強さ、日々の疾走感にとてもピッタリしていました。
理性を失って夢中になる感じ。そして夢中になっていると何も怖くなくなる感じ。
暑さで苦しまなくてすむようになった今だから他人事のように言えますが
狂乱にも似た感情的な美しさのある季節ですよね。

今年の夏は、良い夏でした。無事に乗り切れました。



涼しくなると、暑い間に一度も思い出しもしなかった小沢健二が聴きたくなりました。
このことをTwitterで「長袖みたい」と言うと、共感してもらえて嬉しかったです。

『いちょう並木のセレナーデ』、甘くて美しくてロマンチックで、苦しくなります。
この動画、音があんまり良くないので伝わるかどうか不安なのですけど
これから訪れる秋という季節がどんな季節だったのか、思い出させてくれる曲だと思います。
おざけんさんの歌の中で、私、この歌が一番好きです。

寒さを孤独感や不安や恋しさに間違えてしまう季節だと思います。秋。
この時期に心細くなると「寒さを勘違いしているだけだ」と自分に言い聞かせます。秋。
[PR]
by pinngercyee | 2012-09-29 23:08 | 日々