タグ:お知らせ ( 29 ) タグの人気記事

ご無沙汰しております。
長いこと、自宅のPCを立ち上げることすらできないまま日々を過ごしていました。

文学フリマの参加が決まったのでお知らせします。

【第一回文学フリマ金沢】
開催日 2015年4月19日(日)
開催時間 11:00~16:30
会場 ITビジネスプラザ武蔵 5F・6F
【「めいてつ・エムザ」スタジオ通り下堤町側エレベータをご利用ください】
アクセス JR北陸本線・北陸新幹線「金沢駅」兼六園口(東口) 徒歩15分・バス/タクシー5分
北鉄バス「武蔵ヶ辻」徒歩1分
出店数 通常出店:107出店 (計114ブース)
委託出店:24出店 (計53作品)
主催 文学フリマ金沢事務局
ブース番号は【う-33】、今回も花森ゆきめちゃんと一緒に行きます。


【第二十回文学フリマ東京】

開催日 2015年5月4日(月祝)
開催時間 11:00~17:00
会場 東京流通センター 第二展示場
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
※詳細は会場アクセスをご覧下さい
主催 文学フリマ事務局
こちらのブース番号は【E-06】一階です。ゆきめちゃんとお隣!

お知らせだけで申し訳ないですが、ご都合合う方、遊びにいらしてください。お待ちしてます!
短編配布位はできたらいいなあ。
[PR]
by pinngercyee | 2015-03-10 17:04 | お知らせ
バタバタしているうちに、お知らせが直前になってしまいました。
来週です。大阪です。文学フリマです。新刊あります。『カナリア』です。


第二回文学フリマ大阪

開催日 2014年9月14日(日)
開催時間 11:00~16:00
会場 堺市産業振興センター イベントホール
アクセス 地下鉄御堂筋線「なかもず駅」、南海高野線「中百舌鳥駅」徒歩3分
一般来場 一般の方は入場無料です!
主催 文学フリマ大阪事務局


今回も、花森ゆきめちゃんと一緒に行きます。
ブースは【B-02】、左手側の入り口を入って右斜め正面当たりの分かりやすい所に居ます。
配置図などは上記のリンク先にあります。
開場中は11:00~16:00までずっと居ますので、気軽に遊びに来てください♡

新刊『カナリア』に加え、既刊は『スノビズム』『マズロウマンション』を持参します。



新刊『カナリア』は、何年も前に書いた作品なので読んで下さった方も居ると思います。
後日譚『祈り』も併せて、やっと一冊の本にできました。待っていてくれた方、有難うございます。

生きていくために望まれるだろうものをだいたい持っているけれど
絶対的なものを一つも持っていない自分に虚しさを感じて苦しむ大学生の女の子と
生きていくために必要なものを何一つ持っておらず、売春をして生きながらも
特別に美しい声を持っていて綺麗な歌を歌う、痩せっぽちの少年ネルの話です。

久しぶりに読み返してみて、苦しくなりました。
小説というものを書き始めた時期に書いた作品なので、荒い部分は残りますが
今の私には、これほどまでの痛切さを書くことはできないような気がします。
書くことに、これほどまでの痛切さを含めるには、覚悟が必要なんだということを思い出しました。
自分で言うけど、良い作品です。大切なことを、大切に書こうとした作品です。
読む価値はあると思います。ご期待ください。心の大切な部分に残る一冊でありますように。
[PR]
by pinngercyee | 2014-09-07 16:23 | お知らせ
直前のお知らせになってしまってごめんなさい。
7月6日に京都一乗寺恵文社Cottageで行われる催し『恵文社文芸部』第一回に出展致します。
a0223987_1323980.jpg


恵文社 文芸部
2014年7月6日(日)

かつて盛んに発行され、偉大な作家や名作を生みおとしてきた文芸同人誌。名前を耳にすることが少なくなって久しい昨今ですが、リトルプレスやZINEの興隆につれ、たくましく以前の勢いを取り戻しつつあります。
これからの作家同人が集まって、いきのいい作品を持ち寄るサロンができないか。あたらしい文学の潮流を、ここ京都からしたたかに発する試み。
本企画は、恵文社一乗寺店がお届けする、文学・芸術にまつわるリトルプレス(自費出版創作集)の展示即売会です。
時間:11:00~18:00(15:00ごろ~朗読タイムを予定)
入場料:無料(コーヒー・ドリンクの喫茶営業あり)
この日は、花森ゆきめちゃんと合同での出展となります。
一日在廊しているので、お気軽に遊びに来て頂ければ嬉しいです。


(何回もここにも書いてる通り、恵文社は本当に素敵な場所なので
 もし、訪れたことがない人は、ぜひ訪れてみてください。)

http://keibunsha2.hatenablog.com/entry/2014/06/18/212500
http://keibunsha2.hatenablog.com/entry/2014/06/24/194811

他の出展者の方で知っているのは、少年憧憬社の栗山一青年さん。
先日の文学フリマで発表した90年代ロック冊子『6×9=53+1(ロックはゴミの一つ上)』にも寄稿している人です。面白いロック青年。この冊子の寄稿者を、私は文学フリマロック班と呼んでいます。

あと、ほしおさなえさん!こちらは、一方的に存じ上げているだけなので、出展を知って驚きました。西岡兄妹の千晶さんと組んで『くらげそっくり』という本を刊行している詩人の方です。この本は何度も読んだので、著者の方にお会いできると思うと(そして同じイベントに出展すると思うと)今から嬉しく楽しみです。本持って行ったらサインして貰えるかしら!

 十代の頃から憧れた場所恵文社の場所を借りて、自分の小説で出展ができるということが
 本当に一つの目標が叶ったくらいに嬉しいのです。
 京都に住んで、恵文社に憧れていた頃、私は書きたいものを書くだけの手段を持たず
 美しいと思うものに思いを募らせるだけの日々を過ごしていました。
 数年後の自分が作った小説が冊子の形になって、それを以て活動し
 恵文社で販売できる日が来ることを知ったら
 あの当時の私は、何て言うだろうと思います。
 そんな、特別な場所での一日です。遊びに来て頂けると嬉しいです。
 
[PR]
by pinngercyee | 2014-07-01 02:53 | お知らせ
少し時間が開いてしまいましたが、お礼とご挨拶を!
今回の第18回文学フリマも大変充実して過ごすことができました。
新刊『スノビズム』に加え、今回初めて参加させていただいた『第5版文学フリマ非公式ガイドブック』、エセーを寄稿させて頂いた90年代ロックアンソロジー『6×9=53+1(ロックはゴミの一つ上)』も、予想より多くの人の手に渡り、楽しんで頂けたような気がしています。
新刊を楽しみにブースを訪ねて下さった方、本当に、嬉しかったです。有難うございました。

前回ぶりにお会いできた方、今回初めてご挨拶できた方、文学フリマ中も打ち上げの席でも
多くの方とお話できて、本当に楽しかったです。有難うございました。
今回ご縁のあった方々、以降、どんどん仲良くなりましょう。遠慮せずどうぞ(^u^)

*

当日発売した新刊『スノビズム』は、タコシェに納品しましたので
現在は、タコシェで購入が可能です。通販もできるよ!
前回の新刊『マズロウマンション』は、通販サイト内にページを作って頂いて(!)
取り扱い頂いているので、嬉しいので見るだけ見てください。えへ。
(手元にない既刊冊子もまだ数冊ずつ在庫あるようです。気になる方はお早めに♡)

【タコシェ店頭の場合】
お願いしている種類が多いため、店頭には見本誌のみ出ている状況なのですが
a0223987_5155980.jpg

(↑見本誌は、タコシェ店内入って左手の棚の「創作文藝」の棚のこの辺、これです)
お店の人に声をかけてもらうと、在庫を出してくれますので、遠慮せず!宜しく!お願いします!!
見本誌のほうは遠慮なく見まくってください。気に入ったらでいいです、買うのは。。

【通販の場合】
タコシェにメールを送ってもらえると、通販サイト上に上がってない商品も通販可能なのです。
私の既刊は『マズロウマンション』以外その扱いなので(そして残部僅少なので)
お早めに、どうぞ、ご遠慮なく。再販未定です。でも同じ形では作らないと思う。

★今回参加した90年代ロックアンソロジー『6×9=53+1(ロックはゴミの一つ上)』も
残部冊子をタコシェ他に委託販売を予定しているそうです。
あんまり多くないそうなので、こちらも気になってる方はお早めにどうぞ。
入荷したらツイッターあたりでお知らせできると思います。

感想など、もし頂ける時は、sanguria.afternoon@gmail.comまでお気軽に♡
ブログなどに書いてくださった場合にもお知らせいただけると嬉しいです。
おまちしてます!
[PR]
今回、第18回文学フリマにご用意した新刊『スノビズム』について。
A5、40ページ、500円、2014/05/05発行

これは以前、WEB文芸誌窓辺に掲載したことのある作品なので
当時読んでくださった方も居ると思います。
今回、冊子にするにあたって、懐かしく思ってくださる方が居ると嬉しいなと思います。
犬尾春陽として、初めて『恋愛小説』というものを書いた作品です。
手に取ってくださった方に、瞼の裏の甘い幻と祈りが届きますように。

【作品紹介】
「N」は美しい青年だった。誰よりも優秀で、他人に劣等感すら覚えさせるような彼が、自室にこもり個展に向けて一人きり絵を描き続けている「私」の部屋を、夕食を持って毎夜訪れるようになった日々。
 完璧な人間を演じる見た目からは分からないNの弱さ。子供のように笑う一人の青年としてのNの無防備さ。結婚が決まっている年上の恋人には見せない彼のそんな一面を友人として受け止めながら、真意の見えぬ彼の来訪を制作の邪魔だと感じていたはずの私はいつしか、Nと過ごす時間が特別なものになっていることに気付く。
絵を描くことを軸に人生を送る「私」と、社会人として客観的な価値観を自分に律するN。違う世界で別のものを見て生きる他人であるはずなのに、誰よりも身近に自然に笑いあえるということの尊さ。近いうちに失われる特別な時間と、叶わないのが分かっている恋を互いに諦めるという、甘くつらい悲しみと祈り。


【抜粋】
「僕を羨んでくれる人が居るとすれば、それは僕のことを何一つ知らない人だと思う」
 先ほど、眠り込んでしまう前にNの言った言葉。嘘と虚栄で塗り固められているとNが言うN自身の虚像は、ピンナップにされた昔の映画のスターの笑顔のように隙がなく整ったもので、Nは優秀であるが故にその虚像を虚像と誰にも見抜かせて居ないのだ。

 Nはどんな夢を見るのだろう、と毛布をかけながら無防備に眠るNの整った寝顔を見下ろして思う。無防備さを許さない虚像の仮面をつけたまま暮らすNは唯一仮面を外す眠りの中で、どんな景色を見るのだろう。内面に芸術への熱を静かに秘めながら、その熱はNをいつか内面から焦がし始めるのかもしれない。私は絵を描くことで、熱を外へ逃がすことができるけれど、Nは熱を逃がすすべを持たないのだ。Nの中に煮詰められてゆく熱をもった景色はどのようなものだろう。煮詰める間もなく逃がしてしまう私の中にあるものよりも濃密で美しい景色をNは胸の中に秘めている。私の中には存在しない人生の時間で煮詰められた濃さの景色を、描くことができたら。私はいつかNの見る夢の景色を絵に描いてみたい、と思った。


5月5日第18回文学フリマ、宜しくお願いします。【A-15】でお待ちしてますヽ(´▽`)/
[PR]
取り急ぎ、お知らせまで。

第18回文学フリマ、出ます!
開催日 2014年5月5日(月祝)
開催時間 11:00~17:00
会場 東京流通センター 第二展示場
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
※詳細は会場アクセスをご覧下さい

一般来場 一般の方は入場無料です!
主催 文学フリマ事務局


ゴールデンウィークの中日ですが、遊びに来ていただけると嬉しいです。
何やるかも新刊も未定ですが!
在庫切れのやつ再版したり、新しく冊子にしたり、何かやります。
この日は花森ゆきめ嬢と今回こそお隣同士!
宜しくお願いします♥
入場無料なので、遊びに来るだけでも歓迎するよ!
いぬちゃんとハイタッチしに来てください。

この日に発売の面白い企画にも声を掛けていただいているので、そちらもお楽しみに。
いい仕事します。水面下でやっています。うふふ。



近況としては、家の近くの河津桜が満開になって、春の夜の甘い匂いがしていて
この季節に似合う音楽ってなんだろうと考えて、クラシックだとかシューゲイザあたりを聴いています。

ベタだけど今日はこれ。今日みたいな春先の薄暗い雨降りの休日に相応しいと思うの。

春の匂いは涅槃の香り、って言うにはまだ時期が早い。
[PR]
by pinngercyee | 2014-03-01 15:24 | お知らせ
小説冊子の紹介ページがないわ、と思ったので、いまさらですが作ります。
以下、現在中野ブロードウェイ三階タコシェさんで全てお取り扱いいただいています。
店舗で見当たらない場合は、お店の人に聞いてみて下さい。本棚には見本しかないです。
タコシェサイト上からメールで問い合わせて頂けたら、通販も可能です。



『月夜』A5、40頁、400円、2012年5月発行、残部僅少
浪人の後、念願の美大に合格した『僕』は、父の友人『先生』の独居する家で暮らすことになる。
「僕が、絵を描きたいと思ったのは、先生の画集『月夜』を父の書斎に見つけたからなんです」
子供の頃から憧れてきた青い月夜を描く画家であった先生は筆を折り、自らの作品についても語ろうとしなかった。先生との穏やかな同居生活の中で、僕は『美しいもの』とは何かについて考える。月の高いある夜に、先生が語った本当のこと。
絵を描くこと。形を造ること。証を残すこと。物を造るということに対して、真剣な方に。


『領域』A5、48頁、400円、2012年5月発行、残部僅少
鎌倉の山間に古民家を買って暮らす人嫌いの『僕』の元へ、親戚の叔母が見慣れぬ少女を連れて訪れた。
「何を言ったって一緒よ。どうせ、口がきけないんだから」
赤い唇で下卑た笑いを浮かべる叔母に対する反感で、少女を引き取ると口走った僕は、口のきけぬ娘のような歳の少女と一緒に暮らすことになる。少女との声のない暮らしの中で、人に期待されることなんて思ってもいなかった暖かく確かなものを思い出し、手繰り寄せるようになる。
静けさや、季節の匂い、空気の色や、軋む音。美しいものを読みたい方に是非。
文学フリマ非公式ガイドブック第三版にてご紹介いただきました!ありがとうございます!


『ワルツ』A5、44頁、400円、2012年11月発行、残部僅少
脚本を担当した同名の映画作品を小説化。
雪に閉ざされた廃校の中に住む踊り子『紅』と、失意の中でそこに辿り着いた『僕』の一冬。
全てを失って白に閉ざされた静けさの中に滲む、確かなもの。
日常ではない日常を、白に閉ざされて時間の動かない場所で、僕と紅は眠るように暮らす。
いつか春が来るんだろうか。雪が解けることなんて、夢にも見ない永遠の冬の景色の中で
この季節が終わることを、僕はいつしか怯え始めていたのかもしれない。
(映画版『ワルツ』の映像を用いたPVをYouTubeにてご覧頂けます。
http://www.youtube.com/watch?v=0BbdqtGh86I


『乙女椿の咲く季節』A5、136頁、600円、2012年11月発行、残部僅少
「私はただ、今までみたいに穏やかに普通に、暮らしていたいだけなの」
大学卒業を間際に控えた『私』は、卒業後の生活を失う不安と直面して
大学生という肩書を失うということを、初めて恐ろしいことだと感じた。
私が『私』であることを許されていたいと思うのは、それほど特別で傲慢なことなのかとか。
そんなこと、分かる訳がない。できることは頑張るけれど、できないことはできない。
渦中に居ないと見えないこと。渦中に居ると気付けないこと。
無防備な姿で、世界に放り出される瞬間に感じたことを忘れたくない人に。


『犬尾春陽 窓辺作品集 一、身体』
『犬尾春陽 窓辺作品集 二、死』
『犬尾春陽 窓辺作品集 三、幻』A5、各60頁程度、各500円(税抜)、2013年4月14日発行

WEB文芸誌窓辺に掲載した作品を、同誌卒業に伴い、テーマごとの冊子にいたしました。
『一、身体』は、窓辺掲載作の中から『ババロア』『純潔』『鋭角』『手』『足』『繭』を収録。
『二、死』は、窓辺掲載作の中から『神様』『リンデン』『K貝類館』を収録。
『三、幻』は、窓辺掲載作の中から『イメージ』『Mさんの話』『夜に棲む者たち』を収録。
比較的硬質な初期作品から、柔らかで読みやすい最近の作品までを含む、犬尾代表作品集とも言える冊子です。


『マズロウマンション』A5、116頁、1000円、2013年11月4日発行
『欲望まみれマズロウマンション』と呼ばれる一人の男が築いた『この世の楽園』で
紡がれていく愛と欲と夢と憧れと軽蔑と絶望の日々。
彼の企み、少女の野望、ウサギの嘆きと、渦中で目撃者となってしまった私、ウェンディ。
黒いベールに深く隠された顔を決して見せない管理人リリーの抱く過去。
沈黙の中、それぞれの思惑を闇に包んで見守るこの建物に隠された本当の姿とは。
「ここで暮らすためには幾つかの決まりを守って貰わなくちゃいけないのだけど
 ――できるかしら。ウェンディ?」
本文抜粋の紹介はこちら



随時更新していきます。
[PR]
先日、第17回文学フリマにて頒布いたしました新刊『マズロウマンション』を
中野ブロードウェイ三階タコシェさんに納品して参りましたのでお知らせいたします。
a0223987_13463685.jpg

タコシェさんは店内こんな感じのお店。

今回、多めにお願いしましたが、お早目にどうぞ。
既刊の在庫もまだ幾分あるようですので、気になっている方はこちらも合わせてお早目に。

現在お取り扱いいただいている冊子は以下になります。
月夜          400円
領域          400円
ワルツ         400円
乙女椿の咲く季節    600円
窓辺作品集 一、身体  500円
窓辺作品集 二、死   500円
窓辺作品集 三、幻   500円
マズロウマンション   1000円 NEW

タコシェ店頭で見つからない場合は、お店の方に訊いてみて下さい。
店頭では、お店の左側の棚、『創作文藝』のところに、見本誌のみ立ててある状況なので
「見本しかないじゃーん」と諦めて帰らずに、お店の方に言うと新品出してくれますので!
a0223987_1344179.jpg

この創作文藝のとこです。背表紙に何も書いてないやつです。気が利かずほんとすいません。

タコシェさんにメールを出してもらうと、遠方の方は通販も可能です。
どうぞ宜しくお願いします♡
[PR]
a0223987_2059232.jpg


出来たのです!!!きゃーーー(^v^)あはは!うふふ!嬉しい!!
自分の書いた小説が冊子で刷り上がるのは、もう何度目かですけど、毎回嬉しい!!
しかし、今回は、特に嬉しいのです。
なんでかっていうと、今まで私が書いた中で、おそらく一番の出来だから!!自分で言うけど!!

前回、文学フリマ参加のお知らせを書いた時にもチラッと書いたのですけど
今回、原作付きなのですよね。LIPHLICHの三曲入りCD『マズロウマンション』なのですけど。



内容に関しては、CDが出た時に考察記事も書いたし、ご覧ください、って感じですけど
今まで「淡々と地味な話を無欲に書き続けていた(友人まどり氏評)」私が今回、人の題材を借りてですが
初めて、
『ホラーで、ミステリーで、純文学で、すっげえ面白いの書く!!!』
と勢い付けて一気に書き上げたのが、今作『マズロウマンション』なのです。

『人様のタイトルとモチーフ借りて、駄作を書く訳にいかないでしょ』
というのも、書いてる最中ずっと頭の中にあり、原作の意味や価値を損なわないように
最大限の敬意と注意を払いながら、背筋を律して書いた作品でもあります。

大言壮語ぶち上げてて恐縮ですが、書き上げてみて
周囲で読んでくれた友人からの反応もあり
「嘘はつかずにすんだかなー(^u^)」とちょっと思えている今日この頃です。



執筆途中から相談に乗って頂いていた友人ショコラたんから、有難い感想を頂いたので紹介します。

「実は今、初めて音源聴いてて、あー何だか音源素直にかっこいいなと 装飾過多でデコラティブで」
「一曲目、エンドロールに掛ける狙いとか意味とか
 一気に分かったわ これ、流れるね エンドロールに」
「んで、犬尾さん 世界観・登場人物の意味付け肉付け息遣い造形 よく できたね
 溜息しかでないわ」
「りふりっち甘くみてたなあ 音楽かっこいいな 劇場型か」

「単純に曲は劇場型でドラマチックで格好いいし エンドロールに流れる感じもよく分かるの
 でもね。本当に云いたいのは、読んだから読んだまま、さも当然のように思ってたケド
 曲には物語に書いてあったことの1/10も提示されてなくて いや マジで凄いわ」
文責:金渕ショコラティエ


ちょっと過剰なくらい評価して頂いてアレですけど、すっごい嬉しかったのでご紹介。

ちょっと気になった方、ちょっと読んでみたいと思った方、時間とお金に損はさせません♡
(損したって方はメールで苦情下さい。陳謝します。)

発売は、少し先になってしまうのですけど、11月4日(祝)の第17回文学フリマにて。
その後、中野ブロードウェイ3階のタコシェさんに取り扱いをお願いするつもりでいます。
(タコシェさんで取り扱い後は通販対応も可能になりますので、併せて宜しくです)



あと、今回の文学フリマですが、既刊冊子持って行きません。
ていうか、手元にある在庫残り総攫えて、先日タコシェさんに納品してきましたので手元にないです。

逆に言うと、今、タコシェさんには、既刊冊子、全種類在ります。今だけです。
再版は、そのうちにするつもりですけど、今のところは未定。
とりあえず文学フリマ終わってから考えます。

なので、買っておきたい方は、今のうちにタコシェさんへお願いします。
入って左手の壁沿いの棚、『創作文藝』と表示のあるところに、見本冊子が立ってます。
見付けられなければ、お店の人に聞いてくださいまし。
(再版するとしたら、背表紙にタイトルと名前くらい書かなきゃなと反省しました)



そんな感じで宜しくどうぞです。
文学フリマ、遊びに来てねー!(^v^)

☆★追記20131007

文学フリマ配置でましたー!

【A-03 犬尾春陽】です。
入口から入って、一階の壁際右奥の方ですね。
よろしく遊びにいらしてくださいまし♡

詳細は文学フリマ公式にて。配置図も出てます。

文学フリマWEBカタログもUPされました!こちらも合わせて是非どうぞ。
[PR]
by pinngercyee | 2013-11-01 00:00 | お知らせ
すこしご無沙汰してしまった街はぴですが、記事を書きましたのでお知らせします!



繁華街の一角で人々を見守る場所 『珈琲タイムス』

新宿駅東南口の穴場な喫茶店タイムスをご紹介します。
居心地良くて、いつ行っても穏やかな気持ちを取り戻させてくれる好い場所です。

a0223987_16414227.jpg

a0223987_16421362.jpg

a0223987_1642512.jpg




ファンタスティックなタップダンスショウ 『Funk-a-Baby』

友人であるタップダンサーNONちゃんと、相方NANAちゃんの二人ユニットFunk-a-Babyのライブを見て。
記事の中でもしつこく書いていますが、素晴らしかったです。本物のプロフェッショナルなエンターテイメント。
目の前で力強く踏み鳴らされる靴音は、バスドラムのように力強く、それだけで音楽だと感じました。



記事本文内にも貼っている動画ですが、こちらにも。
本当はこの日の、歌って踊る彼女たちの動画が貼れたら一番いいのだけど!!
[PR]
by pinngercyee | 2013-08-17 16:48 | お知らせ