<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7月6日に恵文社で催された『恵文社文芸部第一回』に参加させて頂きました。
恵文社という場所の中に存在するものひとつひとつを選んで買って持ちかえり
大切に宝物にするような頃から考えるともう15年もの時間が経っていることに驚きますが
初めてあの場所を訪れた頃の私は、まさかあの会場の中で自作の小説を発表できるとは
願っても到底叶わないことだと思っていました。

憧れと思い入れが在る場所なので、しつこく書いてしまってすみません。
ゆきめちゃんと京都を訪れることも、こんな機会がないと叶わなかったことで
ずっと前から、私の好きな場所を彼女に案内したいと思っていたことも叶って
今回の旅は本当に、私にとって嬉しく特別な数日間になったと思います。
旅に関してはまた追って。

当日、危ぶんだほど雨は降らず、7月といっても暑くは感じないほどに涼しく
私とゆきめちゃんが一乗寺に着いたのは午前10時半頃だったと思います。
叡山電車を降りて、見知った道を辿って、恵文社の前に立つと
私の知っている建物より入口の数が左側に一つ増えていることに気付きました。
この日の会場となる恵文社Cottageは昨年11月に作られたイベントスペースらしく
そう云えば、私はそれ以降でこの場所を訪れていなかったんだなあということに合点します。

先着順で机を選んで良いとのことで、ゆきめちゃんと合同で机を分け合うこの日
私たちは会場奥の角に置かれた長机を選びました。
ぽつぽつと出展者が集まり、それぞれのブースを準備している中で
不意に木の床を踏む足音から、ここが恵文社であることを実感したことを覚えています。

「文学フリマのような大きな催しではないのだし、恵文社目当てのお客さんが覗いてくれればそれでいい」というくらいの気持ちで開始の時間を迎えると、思ったよりも多くの人が会場を覗いてくれて、嬉しかったです。
会場の中央にはアンティークの椅子がいくつも置かれ、足を止めてくれた人は手渡したチラシやサンプル冊子を持って、椅子に座って、イベント会場で忙しない中で目を通すのとは違ったやりかたで、例えば喫茶店で買ったばかりの本を開くようにして、冊子を扱ってくれたことが嬉しく思えました。

混雑する時間はありませんでした。
でもお客さんが途切れる時間もありませんでした。
老若男女様々な方が興味を持って覗き込んでくれて、お話をすることができました。
その中で、友人の顔が不意に現れた時の驚きと喜び。
遠くに住んでいるけれど、ところどころで顔を合わせる小紫ちゃん。
毎年一緒に二人で旅行をしていたけれど、赤ちゃんを産んだから当分は忙しそうで会えないと思っていたふかいちゃん。
京都時代の飲み友達の国生君とピエール。
5月に来た時、おうちにお邪魔してもてなしてくれたゆりちゃん。
その前の夜、バー探偵で隣り合って話をした可愛い女の子であり映像作家であるまいちゃん。
「『スノビズム』を読んで、とても良かったから『マズロウマンション』を買いに来ました」と言ってくださった方がいたことも、嬉しくてとても印象に強いです。

この日、催しの一環として15時頃から朗読の時間があったのですが、目で字面を追うやり方とは違い、会場内の全ての人が息を飲んで耳を澄まして、一本の糸のような表意の声を注意深く手繰っていくやり方での言葉の受け取り方を久しぶりに経験して、とても新鮮に思いました。
22歳の頃に参加していた岡山の朗読詩のイベント『ハッピーヒッピー』以来です。
詩のように奇を衒ったものや散漫なものではなく、この日朗読されたものは意味を通じて手を引いて知らない場所へ連れて行ってくれるような文章が多く、中庭に溢れる柔らかい午後の光と静かな甘音と相まって、とても良い時間を過ごすことができたと思います。

お隣のブースに座っていたのは、詩人のほしおさなえさんでした。私は彼女のことを以前から一方的に知っていて、(というのは、ほしおさんは西岡兄妹の千晶さんと組んで本を出していて、私はそれが好きで、という話は前にも書きましたね)そのことをご本人と挨拶させて頂いた時に言ったら笑ってくださって、とても落ち着いた可愛い人なんだなあと思いました。彼女は140文字で完結する超短編を名刺サイズのカードに刷って、それを販売していて。朗読の時間でほしおさんに指名が来た時に、「では」とその中からいくつかの作品を朗読なさったのだけど、その声が可憐で強く、とても聞きやすい通る声で、そしてその内容が他愛なく可愛らしく、だけど無理だと思える140文字の中にちゃんと物語が在って、着地までしていて、凄いなと感嘆したことを憶えています。言葉の強さと扱い方を知っている方なのだということが実感として感じられたように思います。
「次は、どなたが」
この催しを企画した恵文社の保田さんが司会となって、会場の中を見回した時に、そわそわと周りを見回していると、ほしおさんに腕をつついて「読まないの?」と言われました。私は読みたかったのかもしれません。でも私の持ってきている自作のものは、どれも読むには長すぎる長さの小説ばかりで、それで尻込みをしていたのかもしれません。
声を掛けてもらえたことで、私は固まりそうになっていた決心をして、挙手をしてみました。持ってきた冊子の中から、『スノビズム』を開き、熱を出して眠っているNを見下ろしながらポトフを煮るくだりを、声に出して読みました。自作の小説を音読するのは初めてでした。
人前に立つのが苦手なこともあり、震えそうになる声を震えさせないよう、焦って早口にならないよう、自分の体を従えることの難しさ。でもそんなことを考える隙もないくらいで、私の朗読した言葉は私の口を離れて、午後の空間に溶けて広がり、消えて行きました。言葉の音の消えた先を追いかけようにも、もうどこにも追いかけることはできないのだという実感を抱きながら、私は2ページ程度の文章を、読み上げることなんて全く想定しないまま部屋のPCの前に一人きりで膝を抱えて書いた文章を、文字ではなく声を通して20人以上の人に投げかけました。
(私の声を聞いてくれた人は、私が描こうとしたものを受け取ってくれたのだろうか。)
朗読の催しが終わり、イベントの終了する18時までの時間、再び静かに時間が流れ始めた中で、二人の人が「さっき読んだ物語の、あの前後を知りたくて」と『スノビズム』を求めてくれて、
(なんてことのないシーンを選んでしまったのに、拙い私の声を通してでも、届いたものがあるんだ)ということが感じられ、勇気をもらったように思えました。

終わった後、打ち上げに少しだけお邪魔させてもらい、保田さんと運営を手伝っていた方たちとお話できて良かったです。30分ほどで抜けて、ゆきめと一路京都駅へ。国生君とピエールが買ってきて差し入れてくれた蛸虎のたこ焼きを開けて、この数日間のことを思い返していると気が付くと眠ってしまっていました。

そんなこんなで終わった二日間でしたが、本当にあっという間で、その割に素敵なものを一杯見て、楽しい思いをいっぱいして、嬉しいことが沢山あって、美味しいものをたくさん食べて、久しぶりの友人や、会いに来てくれた方に会えて、特別な時間を過ごすことができたと思います。
参加して良かったです。恵文社文芸部。
ゆきめちゃんと同行できて良かったです。楽しかった!
沢山歩かせてごめんね、私のわがままで見せたいものが沢山あって!

恵文社文芸部は10月に第二回を計画しているそうで、9月の大阪文学フリマと、11月の東京文学フリマの間の日程なので、私はまだ参加を決心しかねているのですけど、可能であれば出られたらいいなあと思っています。
保田さんに「せっかく第二回をやるのに、第一回と同じ人が出展しないほうがいいのではないですか?」と聞いた時、「出たいと思ってくださった人が参加してくれたらそれでいいんです」って言ってくださったので、第二回はどうかわからないけれど、この催しが、第三回、第四回と回を重ねて続いて行けばいいなあと心から思いました。
[PR]
by pinngercyee | 2014-07-12 14:22 | 日々
直前のお知らせになってしまってごめんなさい。
7月6日に京都一乗寺恵文社Cottageで行われる催し『恵文社文芸部』第一回に出展致します。
a0223987_1323980.jpg


恵文社 文芸部
2014年7月6日(日)

かつて盛んに発行され、偉大な作家や名作を生みおとしてきた文芸同人誌。名前を耳にすることが少なくなって久しい昨今ですが、リトルプレスやZINEの興隆につれ、たくましく以前の勢いを取り戻しつつあります。
これからの作家同人が集まって、いきのいい作品を持ち寄るサロンができないか。あたらしい文学の潮流を、ここ京都からしたたかに発する試み。
本企画は、恵文社一乗寺店がお届けする、文学・芸術にまつわるリトルプレス(自費出版創作集)の展示即売会です。
時間:11:00~18:00(15:00ごろ~朗読タイムを予定)
入場料:無料(コーヒー・ドリンクの喫茶営業あり)
この日は、花森ゆきめちゃんと合同での出展となります。
一日在廊しているので、お気軽に遊びに来て頂ければ嬉しいです。


(何回もここにも書いてる通り、恵文社は本当に素敵な場所なので
 もし、訪れたことがない人は、ぜひ訪れてみてください。)

http://keibunsha2.hatenablog.com/entry/2014/06/18/212500
http://keibunsha2.hatenablog.com/entry/2014/06/24/194811

他の出展者の方で知っているのは、少年憧憬社の栗山一青年さん。
先日の文学フリマで発表した90年代ロック冊子『6×9=53+1(ロックはゴミの一つ上)』にも寄稿している人です。面白いロック青年。この冊子の寄稿者を、私は文学フリマロック班と呼んでいます。

あと、ほしおさなえさん!こちらは、一方的に存じ上げているだけなので、出展を知って驚きました。西岡兄妹の千晶さんと組んで『くらげそっくり』という本を刊行している詩人の方です。この本は何度も読んだので、著者の方にお会いできると思うと(そして同じイベントに出展すると思うと)今から嬉しく楽しみです。本持って行ったらサインして貰えるかしら!

 十代の頃から憧れた場所恵文社の場所を借りて、自分の小説で出展ができるということが
 本当に一つの目標が叶ったくらいに嬉しいのです。
 京都に住んで、恵文社に憧れていた頃、私は書きたいものを書くだけの手段を持たず
 美しいと思うものに思いを募らせるだけの日々を過ごしていました。
 数年後の自分が作った小説が冊子の形になって、それを以て活動し
 恵文社で販売できる日が来ることを知ったら
 あの当時の私は、何て言うだろうと思います。
 そんな、特別な場所での一日です。遊びに来て頂けると嬉しいです。
 
[PR]
by pinngercyee | 2014-07-01 02:53 | お知らせ


少し先になりますが、9月14日に大阪で開催される第2回文学フリマin大阪に参加します。

「第二回文学フリマ大阪」
開催日 2014年9月14日(日)
開催時間 11:00~16:00
会場 堺市産業振興センター イベントホール
アクセス 地下鉄御堂筋線「なかもず駅」、南海高野線「中百舌鳥駅」徒歩3分
アクセスの詳細についてはこちらをご覧下さい
一般来場 一般の方は入場無料です!

とり急ぎお知らせまで!
こちらもゆきめちゃんと一緒に行く予定です。
文学フリマで大阪に行くのは、去年の春ぶりです。
こちらも、多くの方と出会える特別な一日になる予感がしています。
[PR]
by pinngercyee | 2014-07-01 02:51 | お知らせ


今出川通りに面したこの喫茶店の存在は、このすぐ近くに住んでいて
この店のすぐ近くにあるバス停から毎朝大学に通っていた頃から気になっていたのです。
『ゴゴ』
a0223987_13265595.jpg

恰好を付けたがる京都の街の中では珍しい少し間の抜けたというと言葉は悪いですが
幾分変わった佇まいの古びた外見のこの店の扉を押し開いてみる勇気が当時の私にはなく
私は、このお店を記憶に留めたまま、結局京都の土地を離れることになってしまったのでした。

今回の訪問で、どうしてこの店のことを思い出したのか。
しばしば京都を訪れる機会はあるけれど、私はその度に、自分にとっての特別な場所である
恵文社だとか、ゴスペルだとか、迷子だとか、河原町の周辺だとか、イノダ本店だとかを
巡回路のように回ってしまうため、今回の京都行脚では
(いつも行かないところに行こう、懐かしい、忘れかけていたようなところに)
ということを決めていたのです。
そして、普段は時間の制約に追われて、足を延ばせない場所をいくつもノートに書きだしていた時
一度も入ったことのない、この店が例外的に思い浮かんだのでした。

*

進々堂で朝食を頂いた後、私は今出川通りに沿って、出町柳まで歩きました。
存在を忘れていたような記憶を確かめながら、時に裏道に潜って歩いた先の
次の目的地はここと決めていました。

「いらっしゃいませ」
一つ深く息を吸ってから店の扉を開けてみると、柔らかい女性の声が迎えてくれました。
古い珈琲屋は何となく気難しい男性が一人で切り盛りしているのではないかと、少し覚悟していたので
柔らかい京都訛りの女性の声が、旅行鞄を下げた一見の私を迎えてくれたことで
安堵を感じて気を抜くことができたように思います。

入った左手に続くカウンター席には、数人の地元の人と思しきおじいさんが座り
新聞を開いて、めいめいにそれぞれの朝の時間を楽しんでいました。

「そちらの席どうぞ」
促されるままに空いていた手前の4人がけのテーブルに腰を下ろすと、先ほどの柔らかい声の主である
女性が柔和に笑って、水の入ったコップとおしぼりを私の前に置いてくれました。
「コーヒーを、お願いします」
「朝の時間は、茹で卵とトースト、どちらか付くのですけど、どちらにします?」
「じゃあ、茹で卵を」
a0223987_13283954.jpg

「明日、下賀茂神社の流鏑馬でしょう、土曜日」
砂糖を注ぎ、懐かしいどっしりとした京都らしい重みの珈琲を頂いていると
カウンターでお話をする声が耳に入りました。
目を上げると、お姉さんはカウンターで新聞を広げていたおじいさんと談笑しているところでした。
「行かはるの」
「いやあ、この辺住んで長いけど、行ったことないわあ」
私は手元の茹で卵の殻を注意深く剥きながら、聞くとはなしに、彼らの柔らかい京都弁を聞いていました。

この辺に住んで長い、と言った老人は、この喫茶店のカウンターで奥様が迎えに来るのを待っている様子でした。
この近くに住み、朝はここを毎日訪れて珈琲を飲み、新聞を読むという老人にとって、ごく当たり前の日常の中に、私がこの日初めて訪れたこの場所は存在しているのだということをぼんやりと考えます。
『人生に寄り添う場所』
そんな言葉が脳裏に滲むように浮かびました。

卵を頂き、珈琲を飲んで、煙草を灰皿に押し付けて火を消し、私は一時の端居を許してくれたこの場所に感謝を覚えながら席を立ちました。
レジで会計をしてもらう時に、穏やかでにこやかに笑うお姉さんに、友人から託された疑問を問うてみようと思いつきました。
「このお店、どうして『ゴゴ』って言うんですか」
私の問いに、ふと手を止めてお姉さんは少し考えるように首を傾げました。
「先代から、――ああ先代って私の夫の親なんですけど、私がこのお店を継いだ時にはゴゴって名前だったの。だから詳しいことは分からないのだけど」
そこまで言うとお姉さんは「少し待ってね」と私に頬笑み、奥に立ててあった書類の束に手を伸ばしました。
「ほら、これ」
それは何年か前の新聞でした。店主が老いを迎え、古くからのお店を続けるか辞めるか迷った時にお店を継いだのが息子のお嫁さんだったこと。それからもう何十年近い時間が経っていること。名前の由来はもう分からないこと。

「私も詳しいことは分からないのですけどね、最初にこのお店を作らはったおばあさんが居て、そこの京大か日仏会館かでフランス語を学んでる娘さんと暮らしてはって、それでその学生さんが付けたみたいなの、『ゴゴ』っていう店名は。だから多分、フランス語ってことで、それ以上は長いこと謎のまんまだったんですけど」
お姉さんは新聞記事を覗き込んで、言葉を続けました。
「これが新聞に乗った時にね、よく来てくださる京大のフランス語の先生が居てね、その人が辞書で調べて『これじゃないか』って持ってきてくれはったん、ほら」
a0223987_13332345.jpg

「……たくさん、有り余るほどの、好きなだけ」
「そう、それかね、その時代にフランス喜劇が流行ったみたいなの。その登場人物でゴゴっていうのが居るらしくて、そっちなのかもしれへんって話もしたのだけど、結局は分からへんで」
お姉さんは柔らかく笑いました。
「こんな感じの答えでいいかしら、はっきり分からなくてごめんなさい」
「いえ、有難うございました」
何十年も前に女学生だった娘さんが何を思って名付けたものかは分からなかったにしろ、この名前を冠したこの場所が、歴史を含めた何十年もの間、色んな人に取り巻かれ日常を支えてきたということは十分に分かり、そんな話を聴くことができたことが、私はとても嬉しかったのです。

「家内が迎えに来るって言うてたんやけどなあ、来いひんなあ」
私とお姉さんがレジの前で会話しているその向こう側では、奥方を待つ老人がカウンターに頬杖をつき、先ほどまで読んでいた新聞を置いて、人待ち顔で遠くを眺めていました。
「今に来はるわよ。珈琲、もう一杯飲まれる?」
お姉さんがかけた声に老人は、子供のように口を尖らせて「いや、いい」と答えました。
[PR]
by pinngercyee | 2014-07-01 00:24 | 京都