<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

牟礼鯨さんと容ちゃんお二方からバトンが届きました。ほんとミクシイみたいですね。懐かしい。
いぬちゃんは自分で言うけど真面目で素直なので、あまり何も考えずに答えたいと思います。

1.いつもどうやってアイデアを出してますか?
毎日、目の前にある景色や感情をなるべく全部憶えておこうと思っています。
ふとした時に引き出しを開けた時に見つけられるように。
積極的には出さないけど、出てきたら最優先で大事にします。

2.アイデアが出やすい場所は? オススメがあったら教えてください。
一人で歩く帰り道に一番考え事をしてる気がします。
書いてて困ったら、お風呂に入って頭を洗います。頭を洗うと必要なことが落ちてくる気がします。

3.作品を仕上げるのにどのくらいかかりますか?
40枚以下の短編なら1~2日で書いてしまいたい。
100枚以下なら3~4日で書いてしまいたい。
200枚程度なら一週間程度で書いてしまいたい。
けどそうも行かないので、上は目標ラインです。
マズロウマンションは仕事が忙しかった時期に書き始めてしまったこともあり三週間かかりました。
毎日21時に帰宅して22時に床に倒れて寝て、2時に目が覚めて3時から7時まで書いて会社に行くという
生活を三週間続けました。あれは頑張りました。
一度書き上げたら殆ど直しません。誤字と明らかなエラーぐらい。なので手直しも数日です。

4.今までで一番嬉しかった感想は?
まだ文章をまともに書き始めていない時期に、愛犬が死んだことを書いた文章を読んだ師匠が涙してくれたこと。
あんなに凄い人の心を動かす文章が、私に書けることがあるんだと勇気をもらいました。
あと、初めて詩を書いた頃にもらった「すごく品があって真っ直ぐで信念を貫いて行こうとする心意気をヒシヒシ感じます」というお手紙を今もこの机の引き出しに入れて宝物にしています。

5.尊敬する人は?
作家として尊敬するのは、自分の書くべきものに何より誠実な人。私の書けないものを書く人。
人として尊敬するのは、優しい人。私にはないレベルでの慈愛や博愛をもっている人。
作家として敬愛するのは、綾辻さん、久世光彦、鳩山郁子さん。

6.目標とかありますか?
これ、恥ずかしいんですけど、正直に言うと、死んだ後に天国で久世光彦と三島由紀夫と酒が飲みたいので
彼らに読まれて恥ずかしくない、欲を言うなら彼らに存在価値を認めてもらえる作品を書いてから死ぬこと。

7.書きたいジャンルは?
私の頭が良かったら、スーパークールに明晰で最高なミステリを書いてみたいですが
まあ無理(推理小説研究会でよくよく身に染みました、あれ数学できなきゃ無理)なので
私は誰かにとっての特別な記憶を残せる情景を書きたいです。

8.回してくれた人の作品どう思う?
鯨さん:
読んでると時々、澤田さんは実在なんじゃないか、これ実話なんじゃないかと思います。
鯨さんにとって必然な内容は、私にとって新しいものです。

容ちゃん:
初めて読んだ時に、文章に湿度と匂いがあって好きだなあと思った印象が強いです。
人の文章自体に惹かれることが滅多にないから。

9.回してくれた人についてはどう思う?
鯨さん:
チャーミング。偶然ブースが隣だったり、遠征先の大阪の喫茶店で出くわしたり、縁を感じます。
大学一緒だし。

容ちゃん:
大阪文学フリマに出たことで詩架のお二人に知り合えたことはとても大きな収穫でした。
出会ってくれてありがとう。心をときめかせるもののツボが近いので、これからもときめきを共有したいです。

10.最後に回したい絵描きさん&字書きさん をどうぞ
花森ゆきめちゃん
まどりちゃん
tamaxさん

お時間あるときに♥
[PR]
by pinngercyee | 2013-12-17 01:03 | 日々
ゆきめちゃんとカラオケに行ってきたら、いろんな歌を思い出したので
そしてこんな時間だけど眠くないので、貼ろうと思います。











カラオケ行くと、年齢ばれますよね。
[PR]
by pinngercyee | 2013-12-06 02:38 | 音楽
あべし君と最後に会ったのは、何年も前に
高円寺の商店街を歩いていた時にばったり出くわした時だったと思います。
あの時、立ち話をして、たしか私は当時まだ吉祥寺に住んでいて
(何故それがわかるかと言うと、足立区に引っ越した現在、用事がないと高円寺に行かないからです)
それが何年前かと言うと、少なくとも3年くらい前の話になるんじゃないかなと思います。

そもそもどうして絵描きのあべし君と知り合ったのかと言うと、私がライナーノーツを書かせてもらったCDパーマネントジョニーの『true bypass』のジャケット絵を描いていたのがあべし君だったからなのでした。

パーマネントジョニー格好いいバンドだったなあ、阿川さんと津田君は何をしてるんだろうなーと
時折思い出すけれど、会う機会もないまま、彼らの動向も知らず何年も経ってしまいました。
そんな時に、twitterにあべし君が急に浮上して、個展をやるというので、これは行かなきゃと
行ってきた次第なのです。



会場は高円寺のパル商店街のソフトバンクの角を右に曲がった場所にある『アリスと豆の木』というギャラリーでした。
会場に入るとすぐに「うおおおお?久しぶり!!」と迎えてくれたのが、めちゃめちゃ嬉しかったです。

当時から、「絵がめっちゃ上手い」「べらぼうに可愛い女の子を描く人」という印象だったあべし君ですが
今回、ギャラリーの壁に並べられた作品実物を近くで見ると、予想より遥かに強烈な力に
うっかり膝が折れそうになりました。

a0223987_021446.jpg

「原画見るの初めてじゃない?」
「そういえばそうだね」
「いかがでしょう」
「いや、なんか予想以上で膝に来た。めちゃめちゃ素晴らしいですね」
壁の額の中で笑う女の子一人一人が、そこに居るみたいなぶれようもない存在感で在って
目に生気や感情が宿って、服は纏われた布であることが自明な皺と影を添えて在って
私は、口を開けて見入るばかりでした。
a0223987_0223447.jpg

a0223987_02314100.jpg

a0223987_0234355.jpg

a0223987_02435100.jpg


「いや、すごいね。感動しました」
「ありがとうー」
「凝ったポイントを言うと」
「うん」
「この、目のふちの粘膜に、白い点を落とすと生き生きするの」
a0223987_028667.jpg

a0223987_0284237.jpg

「あ、本当」
「でしょー」
「かわいいいい」
「でしょー」
a0223987_0301769.jpg

「この星が無数にあるやつ、よく描いたね」
「いいとこ見るね、それ、苦行だった。後悔した」
「だと思うよ。その割に全然ブレがないのが凄い。輪郭フェルトペン?」
「ううん、主線だけGペンで、あとは全部筆」
「すごいね」
「均等な線を引く機械みたいになるの」
a0223987_0344340.jpg

a0223987_0352036.jpg

「すごいねー」
「ありがとう。個展も初めてなんだよねえ」
「そうなの?」
「うん。人知れずずっと描いてたから」
「もっと活躍したらいいよ」
「そう?」
「本の装丁とか、挿絵とか、CDのジャケットとか、デザインとかしてほしい人、五万と居ると思うよ」
「そうかなあ」
「うん。あべし君の絵を見たら惚れ込んで頼みたい人って、絶対いっぱいいる」
「そうかなあ」
「私、絵を見て、腰抜けたの初めてだよ。美術館とか行くけどないもん、そんなの」
a0223987_0415960.jpg

「これねえ、描く前に一面にこの色を塗ってるの」
「こういう色の紙なのかと思った」
「古っぽさが出したくて」
a0223987_0441569.jpg

「画集とか出さないの」
「需要あるかな」
「私は欲しいよ。ハードカバーで」



会話をだらっと書いてしまいましたが
何というか、本当にその場で驚きながら少女たちを見つめるしか、できなかったのです。現地で。
その後に、吉祥寺で私は別の友人と会う予定があったのですが
「今見てる絵が素晴らしくて見せたいから、高円寺に来て」と友人を呼びつけてしまいました。



残念ながら、私がこの個展を訪れたのが昨日で、個展の期日が今日までで
この記事を見た人は、個展に間に合わないことになってしまうのですが
「こんな凄い絵を描く人がいる」ってことを知ってくれただけで、それで十分かなと思います。
展示やってる最中は、さすがに展示作品の写真をアップで載せるのも悪いのかもしれないし
展示が終わった今なら、遠慮なく近影を載せちゃえるということもあり。

すごいのです、あべし君。
絵の依頼は随時受けているそうなので、気になった方はぜひ。

ギャラリーのサイトから、原画の購入もできるみたいです。
私ももう少しお金持ちなら即買いしてます。
『アリスと豆の木』
[PR]
by pinngercyee | 2013-12-02 00:52 | 日々
名古屋~大阪の翌週の仙台は行けず諦めまして、その翌週福岡~岡山です。

金曜日の朝7時の飛行機なので、「京成線で朝一で行けば好いや」と思ってたのですが
この数日前の台風で京成線成田駅のレール下の崖が崩れるというニュースが飛び込んできて
「うそおお(@@)」と思いながら、前日夜中発の成田行の高速バスを急遽予約して
(飛行機に慣れてないので、この出発前の数日間はあらゆるパターンで飛行機を逃す悪夢を見ました)
木曜の夜、仕事の後に一度帰宅してお風呂に入り、荷物を持って終電で東京駅へ。
1時半発のバスに乗って、3時半に成田着。そこからチェックインしたりとかもろもろして
朦朧としながら無事7時の飛行機に乗れて、何とか辿り着きました。福岡!!

飛行機に一人で乗ったの、地味に初めてでした。そういえば。緊張するわ。

殆ど眠れていないので、朦朧としながら天神に移動して、開店直後のデパートで『にわかせんぺい』を買い
漫画喫茶でお化粧して着替えて、12時からのイベントに滑り込み、記念写真を撮って脱力。

「みずたきを食べに行く」というそらさんにご一緒させて頂いて『水たき長野』へ。
a0223987_19362746.jpg

みずたき準備中にお願いした鶏ハムと鶏からあげ、めっちゃ美味しゅうございました!!
a0223987_19395747.jpg

スープが超コラーゲン。こんなの何年も前に食べたすっぽん鍋以来に見ました。
〆は雑炊です。大変美味しゅうございました。
a0223987_19445514.jpg

そらさん、かるらさん、まみちゃん、ご一緒させてくれてありがとう!

その後天神に戻って、私はライブまでの二時間で少し離れたブラジレイロに行こうと企みます。
何年か前に、VAMPS見に来た時に初めて来たのだけど、今回も絶対来ようと思っていたのです。
a0223987_19482270.jpg

a0223987_19485916.jpg

a0223987_19493536.jpg

クラシックブレンドを頂きました。生クリームが別添えで、小さなカップで二杯分。嬉しい。
福岡の喫茶店の草分けで、かつて文化人の集った名店だったという喫茶店が
現在も素晴らしい珈琲を供する場所として存在していること、それを訪れることが出来ることを嬉しく思いました。
居心地が凄く良いの。福岡に行く喫茶好きには必ずお勧めします。
洋食も美味しいらしい。今回私は食べられていませんが。

天神に戻り、少し時間が残ったので、ライブまでの30分でもう一軒!!と思い、庵道珈琲へ。
a0223987_19544692.jpg

デパートが並ぶ福岡を代表する繁華街である天神の街の中にある喫茶店として、多くの人に憩いを与える
正統派な喫茶店でした。珈琲店の硬派さと、喫茶店の居心地の良さを並列している印象。
休憩目的のお客が多い繁華街の喫茶店は、一般的に金銭面でチェーンに駆逐されやすいのですが
街の中でこんなお店が居場所を供し続けている側面を持つ福岡は文化度が高いんだと感じました。
a0223987_19582514.jpg

ここでも珈琲にはミルクではなくホイップが付きました。福岡の文化なのかしら。



ライブ後。ご飯を食べに行く人たちにご一緒させてもらい、長浜公園の向かいにある『長浜屋台やまちゃん』へ。
連れてきてもらったのですが、すごい何でも美味しくて感動しました。卵とじもラーメンも美味しかった!!
a0223987_2044027.jpg

「おいしー!」って言いながら酔っ払って、好い旅先の夜を過ごせました。うれしい。
ご一緒させてくれてありがとうございました!!



翌日。
はっと目が醒めると、チェックアウトの時間11時を40分超過していました。
えええええ?!(@@)と思いつつフロントに電話して「12時までには出ます!!」と言い
大急ぎで荷物を纏めて、服を着て、睫毛だけ付けて、チェックアウト。焦りました。
「すいませんでした、超過料金とかありますか」とフロントに行くと、「いいですよー」とにこやかに許してくれて感動。
すみませんでした、ありがとうございました。。素晴らしいホテルでした。アセント福岡。4000円でした。

朝ごはんを食べに、ホテル脇の『喫茶風街』へ。
a0223987_20232138.jpg

メニューに「ムッシュムニエルもお気に入り」と書き添えてあるのを見て
「何でムッシュムニエルやねん」と思って、ふと看板を見ると、本当にムニエル氏が居て驚きました。
a0223987_202046100.jpg

すいませんでした。
a0223987_20245270.jpg

a0223987_20225133.jpg

ここではホットドッグのセット700円を頂きました。美味しゅうございました。安いと思うの。

このお店で開催間近のあがた森魚氏のライブのチラシを見て再度驚きました。文化度高え!!
というか、ムッシュムニエルにしろ、店の名前の風街もはっぴいえんどだろうし、そういうお店なのかと納得。
ここに入ったのは偶然と言うか、なんとなくなのですが、面白いお店を知れたことが嬉しかったです。



雨が降るかも、という雰囲気の中、歩いて赤煉瓦庁舎へ。
前回来た時、目的の一つだったのに、ちょうど休館日で涙を飲んだので念願でした。
a0223987_2031261.jpg

今回はやっていました。目的は福岡文学館です。知らない街に来たらとりあえず文学館です。

a0223987_20362339.jpg

美しい建物にほわーとなっていると、受付のお姉さんが
「二階は会議室で貸出してるんですが、今ならまだ予約の人が来ていないので見れますよ」
と優しいアドバイスをしてくれたので、お礼を言って喜んで二階へ。
もー。超美しいの。なんなの。この会議室で会議する人たちって何者なの。
a0223987_20352016.jpg

a0223987_20355271.jpg

うっとりしまくりです。眼福。
文学館は一階の一室の、思ったよりも小さいものだったのですが、全国の文学館の展示の目録があったり
なんだかすごく濃い場所でした。福岡ゆかりの作家の本が蔵書されてて自由に読めるみたいです。
図書館みたいに使えると好いんだろうなあとか。

赤煉瓦庁舎を出て、小雨が降りだした中小走りで、もう一つの目的地の中州にある貴賓館へ。
と、その前に、アクロス福岡の一階にある文房具屋『ジュリエットレターズ』に少し寄り道。
a0223987_20422064.jpg

a0223987_20443620.jpg

a0223987_2045115.jpg

紙物もペンもインクもとても充実していて素晴らしい文房具屋でした。近所に欲しいです。

そして!福岡県公会堂貴賓館です。貴賓館!!
a0223987_20493146.jpg

a0223987_2050279.jpg

a0223987_2051872.jpg

建てられたのが昔だから、手すりとか金具とか全部手作りなのが凄い。
a0223987_20533682.jpg

a0223987_20553092.jpg

美しい場所でした。写真が貼りきれません。雑誌や結婚式前の記念撮影とかでも使われるとか。

貴賓館に併設された喫茶室『ジャックモノー』で遅いお昼ご飯を頂きました。
a0223987_210626.jpg

a0223987_2123879.jpg

a0223987_2105316.jpg

普段なかなか選ばないガレットを頂くと、驚くくらい美味しかったです。
スープも、添えられたサラダも、デザートも、本当に素晴らしかったです。



うっとりしてるとあっという間に日が暮れかけてきて、急いで新幹線で岡山へ。
福岡はこんな感じでした。
長くなってしまってすいません。
[PR]
by pinngercyee | 2013-12-01 21:04 | 旅先
201310名古屋散歩に続き、(続きと言う割に時間が開いてしまいましたが)その翌日の
大阪について。今更ながらちゃんと書きます。書きますよ!



高速バスで名古屋から大阪へ。
今回初めて知ったのだけど、名古屋大阪って、バスで3時間で移動できるのね!知りませんでした。
着いて、大阪文学フリマで知り合った『詩架』の容ちゃんと、心斎橋で合流。お久しぶり♡
容ちゃんは吉井さんが好きで、そこで意気投合したのだけど、私が好きなLIPHLICHにも興味を示してくれて。
そして大阪見に行くというとご一緒してくれて。ありがとう。
この日のライブを見て、「吉井さんのライブを見た時に感じるものを、LIPHLICHのステージにも感じた」と
言ってくれて、大層嬉しかったのです。

ライブ後、容ちゃんのご案内により、難波の老舗洋食屋『明治軒』へ。
a0223987_18512133.jpg

老舗の洋食屋って、私、結構好きで知ってるかと思ったのですが、ここ知りませんでした。
猥雑な街の中で格好いい佇まい。
a0223987_18524213.jpg

ハヤシライスとポークカツのセットと白ワインを頂きました。美味しゅうございました。
この日は容ちゃんのお家へお邪魔しました。ありがとう♡お世話になりました。ゲホゲホしててごめん。



翌日。容ちゃんの家を出て、心斎橋でメイちゃんと合流。
この日はイベントが二本あったので、心斎橋周りでうろうろしていました。たこ焼き食べたり。

通りかかった有名店は写真に撮ってしまいますね。
『純喫茶アメリカン』
a0223987_1857456.jpg

行きたいなあ、と思うのですが、いざ現場にいると、丸福珈琲本店を優先してします。
a0223987_1859518.jpg

格好いい店構え。店構え格好いいって大事。

店内も重厚で素敵。最初に連れてきてくれたのは、kaeさんだったなあとか。何年前になるかしら。
a0223987_1923570.jpg

a0223987_193982.jpg


ゆっくりしてたら思いのほか時間がなくて、ここからアメリカ村まで走ったような気がします。



一仕事終えて脱力しながら、ロフトに万年筆のインク買いに行ったりした後に
商店街の中で、通りかかってずっと気になっていた珈琲店『和蘭豆』に。
a0223987_1974683.jpg

カウンターだけの小さなお店ですが、珈琲美味しくて居心地良くて、ゆっくりしてしまいました。
長居して御免なさい。。



もう一仕事終えて(やっぱり脱力しつつ)「大阪なのだから551を食べたい」という声に便乗し
難波方面へ551を探しに行きました。
レストランがあるの知らなかったのですが、天心とか餃子とかも食べれて大変美味しゅうございました。
a0223987_1912046.jpg


少し離れた場所にある販売の方のお店では、蒸かしたての豚まんを買うことができます。
a0223987_19134561.jpg

お肉の味が濃くて、大変美味しかったです。
例によって、時間がなくなって、心斎橋へ走りながら食べることになってしまいましたが。。

皆と別れ、私は梅田に向かってバスに乗車。弾丸ツアーの名古屋~大阪はこんな感じでした。
[PR]
by pinngercyee | 2013-12-01 19:19
去年の反省を踏まえ、12月はクリスマス気分で過ごそうと思い、去年書いた記事の修正しました。
私にとってのクリスマスは、やっぱりこんな感じです。
そして記事の中でも書いてるけど、貼りなおした動画のハイドさんが美しすぎて天使。



先日行ったイベントでYazzmadをまじまじと見て
(今まで何度か見た時は
「歌上手いなあ」「透明感が凄いなあ」「曲がめちゃめちゃ綺麗だなあ」
と単純に「結構好き」だと思っていたのですが)
今回見て、
「ギターが綺麗すぎてやばい」「ベースの人が見たことない弾き方しててめちゃめちゃいい」「ドラムの人めっちゃ上手い」
と素直に感動したので、CDを買いました。
これです。


一聴して、気になる人は手を伸ばしてみるといいと思います。

ベースの音が、音源ではあんまり前に出てないのだけど、ライブ行く機会あったら見てみて下さい。
度胆抜かれます。
私は「ベース見にライブ行きます」と握手しながら本人に言ってしまいました。

(上記試聴の中にある『最愛の人』の半端ない山下達郎感はギターの音のせいでしょうか。)

★追記

この曲めっちゃいい。

これもいい。



上記と同じイベントで、何度目かの聖(まさ)さんを見て、同じくCDを買いました。

ライブで聴いたことのある曲をまじまじと聴いてみて、驚くくらい好感が持てました。
全く衒いのない正面からのキャッチーさは、潔さだと思いました。
この人の歌好きです。また聴きに行こうと思います。頑張ってください。応援します。



あ、あとつい先日、友人が教えてくれたmoranの『紅差し』という曲のPVを見て
綺麗な男性が女の子のスカートの裾に手を入れて、おもむろに苺を取りだして食べるくだりが
エロくて美しくて最高だと感動しました。





街はぴのライター更新のご連絡を頂けまして、毎度ながら胸を撫で下ろしています。
ペースが遅いですが、一本一本大事に紹介したいと思います。宜しくお願いします。



ところで、現在うちには黒猫が三匹います。
呉竹(くれたけ)さん、轍(わだち)さん、小さいのがヨモギちゃんです。
呉竹さんと轍さんはメンズ(6か月)で、ヨモギちゃん(2カ月)は女の子です。
呉竹さんと轍さんがPCのキーボードの上を横断しまくるせいでか、PCの『f』キーが壊れて困っています。
ついでに手術代で、現在私は大変貧乏です。
今日もLIPHLICHとyazzmadが出るライブがあるのですが、貧乏なので家にいる次第です。
なので、今日は記事を書くことに専念しようと思います。
[PR]
by pinngercyee | 2013-12-01 16:29 | 日々