<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

友人の画家、榎倉冴香ちゃんの個展に行ってきました。
a0223987_0293572.jpg


会場は、清澄白河駅から、清澄庭園・清澄公園を通り過ぎた向こう側、SPROUT curationにて。

a0223987_0282895.jpg

二月の土曜日の昼下がり、清澄公園は美しい場所でした。

a0223987_0303445.jpg

この「倉庫のような」ではなく、「本物の倉庫の」建物の入り口を、看板を頼りにくぐって
歩を進めると、倉庫ようのエレベータの前に出ます。

6階に進むと、そこは倉庫建物の中であるはずなのに
白壁のギャラリーの並ぶその階を見回しただけでは
きっと倉庫の中であるという事実すら忘れてしまうように思われました。

a0223987_0412348.jpg


正直に告白してしまうと、私は現代美術と言われるものに、相当の懐疑心を抱いています。
奇を衒い、言葉によって分解されることを拒むあまり、言葉や分析から逃げるための手段が
分析を拒む奇抜さとしての分野になったのではないかと感じているし
少なくとも、共感は抱いていません。

でも、彼女の作品は、素直に見ることが出来るのです。
淡い色で柔らかくなぞられる彼女の筆致には、悪意も懐疑心も立ち入る隙間もないほどに
彼女の抱くものを誠実に写し取っていることが感じられるからかもしれません。

a0223987_0463437.jpg

a0223987_0472183.jpg

a0223987_0483086.jpg

a0223987_04849100.jpg


彼女が何を思い、どういったものを描こうとしているのかということを
私は、作品から正確に把握できているとは言えないと思います。
ただ、そこに表出される色合いの淡さ、輪郭の儚さや、
暗喩的に用いられる物質の言葉のない問いかけは、その作品の前に立つ私自身の
倫理観や常識といった無意識の物差しを、自覚させられる性質のものであるように感じるのです。

a0223987_0522494.jpg

鏡面に書かれた模様の前に立ち、その模様を透かした向こう側に映る自分の姿を見ようとして
視界に白く紗がかかったように感じられたこと。
インビテーションの紹介文にあった『弱視』というモチーフを再現するための装置としての鏡、
なのかしらと、私がその視界を覗き込んでいると、傍らに立った冴香ちゃんに

「それね、鏡に絵を描いているのに、みんな、作品じゃなく自分の顔を見ようとするの。」

と声をかけられました。



会場を出て、近くにあったカフェ『ポートマンズカフェ』に立ち寄った後も、私はしばらく
彼女のその言葉について考え続けていたように思います。

a0223987_0565844.jpg


素材を選び、筆を持ち、作品を作る彼女の、作為と、無意識と、誠実さのこと。
作品の前に立ち、それを誠実に、はたまた作為を包括しようと挑むような気持ちで眺める側の
はたまた作品の内包する意図を汲むことに情熱を傾けようとしがちな受け身側の
その意図の応戦は、彼女の言葉一つで、総て丸めて放り投げられたように感じます。

作品を見ること。
それに含まれる意図を信頼すること。試すこと。試されること。

現代美術というものに対して、懐疑的すぎた姿勢を、窘められてしまったのが
冴香ちゃんの作品であって良かったと、私は感じていました。



ポートマンズカフェは、アメリカの匂いのする古い道具が多く飾られた居心地の良い場所でした。
カルボナーラは、生クリームとベーコンとチーズでシンプルに丁寧に作られた味がして
アイスクリームを添えられたダークチェリーのパイは、いつかツインピークスの中で
クーパー氏が幸せそうに頬張っていたそれを思わせる一品でした。



冴香ちゃん、こと榎倉冴香の作品展は、同会場で3月2日、来週の土曜日まで。
東京駅前丸ビルのアッシュペー・フランスにて、同期日にて
「あなたに会わなくなってから Since we last met」展を開催しているそうです。
[PR]
by pinngercyee | 2013-02-25 01:09 | 日々
こんにちはー。
この春に大阪で行われる第16回文学フリマに、犬尾春陽で参加決定したのでお知らせです♡

第十六回文学フリマin大阪
開催日 2013年4月14日(日)
開催時間 11:00~16:00
会場 堺市産業振興センター イベントホール
アクセス 地下鉄御堂筋線「なかもず駅」、南海高野線「中百舌鳥駅」徒歩3分
出店方法 出店受付は終了しました
募集サークル数 200スペース
主催 文学フリマ事務局
共催 文学フリマ大阪事務局


この日は、前回第15回の時に本をお預かりした花森ゆきめちゃんと一緒に参加です。
菜種はむらちゃんも参加とのことで、とても楽しみにしています。

実のところ、私はまだ、何も決めていないのですけど、せっかく大阪まで行くのだから
何か新しいものを用意しようとは思っています。

ゆきめちゃん!はむらちゃん!頑張りましょう♡
美味しいものも食べましょう♡

大阪の方、神戸の方、京都の方、その他お近くにお住まいで、興味お有りの方♡
ぜひ遊びにいらしてくださいまし!楽しみにしています♡
[PR]
by pinngercyee | 2013-02-25 00:22 | お知らせ
すんごい楽しかったです。
この日は、仮面を付けなきゃ入場できないライブだったので、狐面でした。
(もちろん一人です。)



この日のライブの内容の感想とかレポートとか、書きたいのですけど
夢中で見過ぎて、というか見ている間
理性や言葉が戻って来る我に返る瞬間が2回くらいしかなくて
(普段は、というか日常では私の頭の中って、言葉で全部置き換えて記憶しているのですけど)
すみません、言葉にならない断片的なイメージしか記憶にないです。

普段は、お芝居とかライブとか映画とか、見ている最中でも頭の中で言葉をいじくっていて
「こんなこと考えた」っていうのが、その日の感想として包括されたり記憶になったりするのですが
この日は、頭の中真っ白すぎて、言葉をいじくる暇なんて無かったです。
あと、見ている途中に、一回も疲れを感じなかった。
大好きな人を見に行っている時にでも(満足したから早く終わんないかな)と思ってしまう瞬間て
正直あるのですけど(失礼な話ながら、ライブに行く人ある程度共感してくれると思う)
LIPHLICHに関して、まだ3回しかライブ見てないですけど、それが一度もないのが
個人的に凄いことだと思います。

アンコールも終わり、客電が付いて、自分の居た場所が薄汚くて狭いライブハウスだと気付いた時
夢が覚めたことに「まじで? うそでしょ?」って思ったもの。
終演後、幻が消えたことを認めたくなくて、帰る前に現実を受け入れるために
息を整える時間が、一時間必要だったもの。

素晴らしい時間を有難うございました。
これだけ我を忘れて、美しいものを見せてもらえる時間が時々与えられるのなら
普段の生活がベリーハードでも、私、前を向いて暮らせると思いました。
合掌。



set list
第1部

淫火
KNOCK BLACK DOG JOKE
僕らの使い捨て音楽
メリーが嫌う午後の鐘
マディソン郡の橋の上で
猫目の伯爵
Pink Parade Picture
航海の詩


第2部
It's a good day to anger
嫌いじゃないが好きではない
My Name Was
MANIC PIXIE (新曲)
グロリアバンブー(新曲)
タッキー&グロリアン渉タイム
ミズルミナス
月を食べたらおやすみよ
グルグル自慰行為
夢見る星屑
フェデリコ9
古代に捧ぐ(新曲)

en
My Name Was


セトリ出たので早速コピペ。
この曲順を見て、ようやく、頭の中が少しずつ整理されてきたかもしれないです。
一部は仮面必須、二部から素顔解禁でした。
印象に残った瞬間としていくつか憶えているところを憶えているうちに。

仮面を付けているので、あまり激しくは動けない前半でも
薄暗く閉じきられた狭い箱の中で、空気を震わせて倫理を司るように
揺らず律されたドラムとベースの音は
あの箱の中に居た全員の心臓の脈拍を代行しているように思えました。

開演して、脈拍に従うように夢中で数曲を見送った後、
猫目の伯爵の導入部に、暗闇の中ナレーションが入って
猫目の伯爵がウェンディに恋をする物語が外側から描き出されます。
(あ、そういうことだったんだ)と歌詞を読んで曲を聴くだけでは気付けなかった部分を
意識した後に始まったこの歌の中で、ボーカルの久我さんが猫目の伯爵を演じていることに
この日初めて気付いたように思います。
それまで、久我さんの役割は語り部に近いものだと感じていたのですけど
あれですね。イタコのように、憑依的に登場人物を演じているんだなと、思いました。
猫目の伯爵~Pink Parade Pictureに続く中で、
紛れもなく久我さんはウェンディを見送る猫目の伯爵だったと記憶しています。
(演者が役を自らに落として来るところって、何かに似ているなと思って
 あ、落語とか、そういうのかもしれないと思いました。)

そして前回のワンマンでは最後の最後に演奏された航海の詩が一部最後に。
「孤独でも、自由に、生きていってください」というような(細部に自信がない)
言葉が添えられて演奏された一曲で涙腺が緩んだのを覚えています。
仮面を付けながら、その下で唇を噛んだ記憶。



一部を支配した暗闇の中の悪魔のような声が立ち去った後で
仮面を外しての二部が始まりました。

頭を振れるようになった客席は開始数曲から鬱憤を晴らすように髪を振り乱します。
(私は基本的に頭を振らないので、その様を見渡すばかりでしたが)
理性を飛ばして、その空間をすごい密度で支配する音楽を躊躇なく飲み干すように
体中の中に染み込ませるように音楽を聴く数曲に続き
演奏された3月に発売される新曲二曲は烈しさを保ちながら凄くトリッキーな印象が残りました。
理性が保てない状況で、一回しか聴いてない歌について無責任なことは書けませんが
言葉を失うくらい格好良かったのは確かです。

ギターの新井さん(タッキー)と、ベースの(強烈にグラマラスな新衣装の)渉さんの
暫しの談笑を経て、演奏されたのはミズルミナスと月を食べたらおやすみよの二曲。

ミズルミナス、個人的にこの日一番だったかもしれません。客席が比較的静かなのが不思議でした。
上手く言い表せない音楽的な語彙の不足が歯痒いですが、ルミナス嬢の憑依した久我さんに
輪郭が際立つギターの導きと、足早で目まぐるしい緩急さしはさまれる変調と、
それら全ての世界を基盤として支える曲編成の巧みさと世界を律し続けるドラムとベース、
ジャズのように体を揺らす波の満ち引きにも似た音楽の力をはっきりと感じたことを憶えています。
月を食べたらお休みよ、は私、音源持ってないので、あまり聴きこむこと出来ていないのですが
ミズルミナスに対して、男性視点からの歌とのこと。音源が欲しいです。物語の全体が知りたい。

暗いガーデンでかがり火焚いて踊る少年の幻を、烈しさの中に目のくらむ光の中で見た後に
演奏された夢見る星屑も、素晴らしかったです。
他の曲では導入や輪郭をなぞり世界を支える部分の多い新井さんのギターが前に出て
物語の展開を担うソロを流星を模して歌うように弾くところを見ることが出来ます。

そして続いた力強く危うくグラマラスなフェデリコ9では
さすが作曲者と思わせられる渉さんのベースが吹奏楽とともに全面で
世界を支え、導いているのが分かります。
ステージを一瞬ごとに染める強烈な光の下のキャバレーの狂乱のような。
歌だけではなく、ひとつひとつの楽器が次々に主演を目まぐるしく立ち替わる一曲。

二部最後は、3月発売の新曲の残り一曲の古代に捧ぐ。
ごめんなさい。素晴らしかったと言葉を失ったことしか、自信を持って書けません。
早く曲の全体を知りたいと思いました。歌詞も言葉として読みたいです。

長い暗闇の中のアンコールの時間。
隣にいる見ず知らずの女の子が声を枯らすほどに叫び続けているのが印象的でした。
客席の右半分と左半分が交互に声を上げていたのが、前方の導きで一つの大きな波に収斂して
彼らの登場を待っていたのを、彼らは知っていたのかしらと思います。

アンコールとして演奏されたのは、再度のMy Name Was。
世界を一つずつ叩いて確かめているような、激しさの中の確認のように思えました。
私にとっての、この日の総ての時間の締めくくりがこの歌であって良かったと感じました。
穏やかさの差し挟まれる怒涛の前の一瞬には、会場全体が息を飲んで舞台を見守る瞬間が
あったように思いました。



見ている間は、理性なんて掻き消えてしまっていて、我を忘れて見ているだけだったのですが
客電が付いて、自分の居た場所が、夢でも幻でもない現実のライブハウスであったことを知った時の
「嘘でしょ?」って驚きが、本当に強烈だったこと。上でも書いてるけど二回書きます。

素晴らしかったです。
きっと来年には、本当にこんな小さな箱で、濃密に近く見つめることなんてできなくなるだろうから
今のうちに、見ておいた方がいいと思います。気になった方はぜひ。

この日貰った前回ワンマンの映像から、写真を幾つか貼っておきます。
この日の映像ではないのですが、世界を染める説得力を伝える証左の一つになれれば。

a0223987_18585773.jpg

a0223987_1935230.jpg

a0223987_1913759.jpg

a0223987_1904088.jpg

a0223987_194251.jpg


画面キャプチャなもので、鮮明じゃなくてすいません。
[PR]
by pinngercyee | 2013-02-03 19:08 | 日々