<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小樽文学館の学芸員の方が、小樽文学館内で『ゲームと文学』展を企画するにあたって
『イーハトーヴォ物語』について言及していたので、懐かしくて居ても立ってもいられず
思い出してみようと思います。



『イーハトーヴォ物語』は、1993年発売のスーパーファミコンのソフトです。
RPG、と言われるその内容は、宮澤賢治の作品をモチーフにしたもので
RPGと言われつつも、ファイナルファンタジーやドラゴンクエストのような、敵も味方も
戦闘もボスキャラも、レベルアップの概念さえもありません。
宮澤賢治の物語に沿って街を歩き、人を訪ねて話し、アイテムを持っていくと
物語が展開して、一章が終わります。
それを章ごとに繰り返すだけの内容です。
ゲーム性を求める子供達には人気がでなかったのも仕方ないとは思うのですが
私は、このゲームの中の世界を歩いてみて、人と話をして見えた世界というものを
もう20年近く経つというのに忘れることが出来ません。

主人公の『私』は賢治先生を訪ね、『イーハトーヴォ』という街を訪れます。
『イーハトーヴォ』という言葉自体、宮澤賢治が岩手を指して呼んだエスペラント語ですが
それを弁えて見ても、この街は賢治の作った架空の物語を含む世界、というように見えます。

『イーハトーヴォ』の街の中、住人は静かに暮らします。
鉄道駅の前にある木製の信号機シグナレスは、鉄製の新式であるシグナルに対しての
言い出せない恋を主人公に向かって打ち明けるし
街の北にある『猫の事務所』では、猫たちが帳簿に向かって働いています。
人々は子供を育て、学校で子供は学び、劇場では活動写真が上映されています。

賢治先生に会うことのできなかった主人公は、羅須地人協会で指示された通りに
頼まれごとを引き受けます。
「賢治先生のなくした手帳を、探してきてほしい」
何のヒントもないままに、街の中の人たちの会話に耳を傾けていると聞こえてくる噂話に
『イーハトーヴォ市街』から外れた場所のことが浮かび上がります。

第一話:貝の火

第二話:カイロ団長

第三話:虔十公園林

第四話:土神と狐

第五話:グスコーブドリの伝記

第六話:オツベルと象

第七話:セロ弾きのゴーシュ

第八話:雪渡り

最終話:銀河鉄道の夜



中学生だった私は当時、お恥ずかしながら、このゲームを通して宮澤賢治の世界を知りました。
そしてこのゲームで取り上げられている物語の本来の姿を知りたくて、賢治全集に手を伸ばしました。
取り上げられている物語。単語としてのみ登場している物語。
名前だけ知っていた物語。全集に手を伸ばして初めて名前を聞いた物語。
メジャーなものもマイナーなものもありますが、私はこの作品を通じて
忘れえない情景を(ある意味トラウマのように感情を伴って)旅することが出来ました。
その経験があって、本当に良かったと思っています。
宮澤賢治を読んでいなければ、この世界の情景を知らないまま大人になっていたとしたら
私はきっと、今の私ではなかったのではないかしら、とも思います。

雪渡りの中の、狐たちの幻燈会。
土神と狐の中の、土神の劣等感と、狐の虚栄心。
やっと会うことのできた賢治先生と、銀河鉄道に乗り込む前に暗闇を歩く情景の恐ろしさ。
それらの記憶を伴う情景を、私はおそらく一生抱いて生きていくのだと思います。



それぞれの物語の傍らで、『イーハトーヴォ市街』で鳴っている音楽がこちら。


街の中を歩いて、見る景色。人と話をして感じること。
猫の事務所の中でいじめられている窯猫を助けてあげられないこと。
シグナルとシグナレスの真っ直ぐな恋がすれ違うこと。
そんなことを見守りながら、黙々と街の中を歩く『私』が物語の結末へ尽力すること。

それぞれの物語で出会う人物や、彼らにとっての大切なものを垣間見て
『私』が何を思うのか、という部分までは、ゲームの中で言及されません。
本という媒体ではなく、ゲームという媒体で文学・物語というものと関わろうとしたのだろう
製作者の方の潔癖な意識を思わされると同時に、
普段は夢見てみても叶わない、物語の中を自分の足で歩くということが
仮想的にでも叶うということの特別さを大人になった今、改めて尊く思います。



余談ですが、このゲームは当時あまり売れなかったそうなのですが
ゲームソフト発売から8年後の2002年に、ゲーム音楽のサントラCDのみが新発売されています。
このゲームの音楽を忘れられない人が多かったということにも納得がいきます。
私もサントラが発売されていたことを知って驚き、買ったうちの一人です。

作曲者の方のピアノ版もむちゃくちゃ良いです。

[PR]
by pinngercyee | 2012-07-16 16:54 | 記憶
敢えて、取り上げるのも憚られるほど、有名な喫茶店だとは思うのですが
もし、御茶ノ水の駅前で、一息つける場所を探している人がいるとするなら
私は迷わず『穂高』の店名を上げます。
a0223987_14494831.jpg


穂高は、JR御茶ノ水駅聖橋口の改札を出て、すぐ右手の並びにある古い喫茶店です。
猥雑な飲食店の並びの中で、控えめに存在しているので
ぼんやり歩いていると、気付かず通り過ぎてしまいそうになります。

『穂高』という店名から、また山小屋を思わせる木造りの内装から
きっと何十年も昔から、山が好きな人が集まる場所だったのだろうなと思っていたら
マスターは串田孫一さんと交友があったと聞いて納得しました。

(個人的な話ですが、私の父も串田孫一氏の愛読者で、青春時代を東京の大学で過ごしながら
 長期の休みには北アルプスや東北の山を渡り歩いたという山男でして
 もしかしたら、父はこの場所を知っているかもしれないとふと思い出したりしました。
 普段、ほとんど会話しないから、父がどのような青春を送ったかということは
 断片的にしか知らないのですが、この場所が今も続いていることを知ると
 もしかすると喜ぶ人は一番身近にいるのかもしれないと、今初めて思いました。
 今度電話したら訊いてみることにしようと思います。)

店内奥の窓辺はJRの線路に面し、晴れの日、雨の日、雪の日、など
それぞれの表情を景色に滲ませます。
窓の外を眺めることのできる奥の席は特等席。
桜咲く季節の春の初めの甘い香気や、夏の高い青空と緑深く茂る草花、秋の薄い諦めの滲む雲と
冬の身を切る冷たさを窓の外に眺めて熱い珈琲を飲む幸せが供される喫茶室は
都内広しと云えども、ここを置いては他にいくつも思い出すことはできません。

店内奥の景色
a0223987_15182525.jpg


店内奥から入口を見た景色
a0223987_15212882.jpg


『穂高』を最初に知ったのは、沼田元気さんに写真を撮って頂いた時だったと憶えています。
それから何年も経ちますが、私はあれから何度この場所で休息したことでしょう。
もう思い出すこともできないほどの回数、私は御茶ノ水で下車する度に必ずここへ立ち寄り
その度に、息を整えて、静かな時間の流れを取り戻すことが出来ている気がしています。

神保町からの帰り道、古書を両手に抱えた日。
就職面接に向かう前。
三省堂で、作家である先輩の出版サイン会に行った折の帰り道。
友人との散歩の途中。
転職の時の、面接の後。
知人の公演チラシを置いて貰うために御茶ノ水のレコード店を訪れた帰り道。

それぞれの人生の折々で、それぞれの日の記憶が一生に一度のものであるということを
一つの場所で確かめるたびに、私はここで生きているのだということを思い出すように思います。

私の人生にとって折々で、息を整えるための御茶ノ水駅傍らの小さな喫茶店は
何十年も東京の真ん中で行きかう人々を見守り、憩いを与えてきたのでしょう。

この場所を訪れた人がそれぞれ重ねて来ただろう何十万のこの場所での小一時間。
暑さや寒さを抜けだした場所で、珈琲を頂いて、窓の外を眺める時。
または読みかけの本を取り出して、静かな気持ちで文字を追う時。
人はそれぞれに、自分の時間を取り戻し、高ぶった気持ちを静めて
穏やかな心を取り戻すのだと思います。


喫茶穂高
[PR]
by pinngercyee | 2012-07-16 15:42 | 東京
先週やった「好きな歌貼ります」の後、cascadeを貼りたいなあとメラメラしたので。



cascade memories

「唇に 秘密と蜜をからませて 夢を見るまできみと眠ろう」って超ロマンチック。
諦めに満ちた退廃的な空気の中で、こんなロマンチックな最後を夢見るのって
90年代独特なものだったのかな、(最近見ないな)と思います。

cascade cuckoo

すいません、白状します。「あーこのまま世界が終わるなら傍にいて朝を待とう」って一節。
拙作『月夜』を読んでくれた人はピンと来るかと思いますが、めちゃくちゃ影響受けてます。。
(まんまじゃねーか、っていう突っ込みは、分かってるのでご容赦ください……)
90年代の退廃的な空気の中で、ロマンチックな夢を見るっていうのに強烈な憧れがあるのは
世代的なものなんでしょうか。とか思った。

cascade アザヤカナキセキ

「鮮やかな春は必ず訪れる」っていう一節は、希望のない冬の景色の中で暮らしている少女たちに
めちゃめちゃ届いたと思うのです。私含め。
「いつかまた出会うなら君であるように」って言ってもらえる価値のある人になりたいとか。
苦しくなるけど大切な懐かしい記憶。

cascade スーパーカー

「二人きりのエレベーターの中、あのさ今すぐ、キスした方がいいのかな」って!
「一度きりのキスを ためらうこの気持を」って!!
こんな恋の手前の繊細できらきらした一瞬を閉じ込めてる曲ってないと思います。
多分この曲一生好き。この曲好きな人は、恋に恋してるんだと思います。上等。



あと、ふと思ったんですが、
かつて『朝』は総てをリセットしてくれる『救い』だった半面で
安寧で穏やかな『夜』を終わらせてしまう『破壊』でもあったなあ、とか。



cascade flowers of romance
http://www.youtube.com/watch?v=KWFpacyZPGA
埋め込みできなかったのでリンクで。
「咲き乱れよ 若き乙女たちよ」「やりたいように 周りを気にせずに」って!
久しぶりに見て、すごい強力な少女応援歌なんだと思いました。
客席の人楽しそうだなあ、いいなあ。

cascade shining blue
http://www.youtube.com/watch?v=9jftOGxUQS4
こちらも埋め込みできなかったのでリンクで。
前週に続き美甘子ちゃんツイートで知りました。ありがとう!
ギターのまさしさんが歌っている歌です。名曲。



cascade曲貼りまくって気が済みました。偏っていてすいません。
[PR]
by pinngercyee | 2012-07-14 15:30 | 音楽
最近は記事っぽい記事や、お知らせが続いたので、この辺で恒例のやつを。



BUCK-TICK coyote


先日一度聴いて、耳から離れなくなった歌。
BUCK-TICKかっこいいとか、櫻井さんかっこいいとか、横に置いといて
すばらしくロマンチックで夕焼けの情景の見える名曲だと思います。
歌詞の節々にある甘い言葉遣いの詞も素晴らしいと思います。



ROBOTS コイビト


高校生の頃からずっと好きな歌。
PVが上がっていることを、歴史アイドルの美甘子ちゃんがツイートしていて
初めてPVを見ることが出来ました。感動。
こんな甘くてロマンチックで美しい歌、ないと思います。本当に。



ROBOTS ローリングサンデイ ローリングサム


ROBOTSもういっちょ。ひさしぶりにPV見たら、胸に来たので。
自転車で天気のいい道を全力で走り抜けてるような疾走感がすごく気持ちいいです。
「さあ一回全部壊して汗を流して、もっかい走り出したら虹が見えるよ」の一節に
ものすごい希望とエネルギーを貰えるように思います。
このワンフレーズを信じて生きていきたい。。。



LIPHLICH My name was


友人から教えてもらったバンドです。
よくあるV系かなあと思いきや、すごい格好良くて驚きました。
ボーカルの人が曲を書いているらしく、だから美学が際立って見えるのかなとか。
ビジュアル系というより、往年のグラムの方に近いと思います。

凄いなあ、と感じたことが「普通1曲にするだろうな」っていうメロディーを
1曲の中で5曲分くらい使ってる印象を受けたこと。1曲の中の表情の数が凄い。



谷山浩子 冷たい水の中をきみと歩いていく


夏が来る前に、聴いておかなきゃいけない歌。
冷たい水が足の甲をくすぐって流れているのが感じられるようなピアノの音です。
この一曲を知っているのと知らないのでは、この7月の季節の感じ方が違うように思います。



リモ様

私はライオンさんのファンです。
ライブ、楽しそうでいいなあ。。とか。長らく行ってませんが、見守っています。
疲れてくると聴きます。リモ様は大人なのに頑張っててえらい。。
このポップさは偉大だと思います。
[PR]
by pinngercyee | 2012-07-07 21:42 | 音楽