カテゴリ:小説冊子紹介( 2 )

今回、第18回文学フリマにご用意した新刊『スノビズム』について。
A5、40ページ、500円、2014/05/05発行

これは以前、WEB文芸誌窓辺に掲載したことのある作品なので
当時読んでくださった方も居ると思います。
今回、冊子にするにあたって、懐かしく思ってくださる方が居ると嬉しいなと思います。
犬尾春陽として、初めて『恋愛小説』というものを書いた作品です。
手に取ってくださった方に、瞼の裏の甘い幻と祈りが届きますように。

【作品紹介】
「N」は美しい青年だった。誰よりも優秀で、他人に劣等感すら覚えさせるような彼が、自室にこもり個展に向けて一人きり絵を描き続けている「私」の部屋を、夕食を持って毎夜訪れるようになった日々。
 完璧な人間を演じる見た目からは分からないNの弱さ。子供のように笑う一人の青年としてのNの無防備さ。結婚が決まっている年上の恋人には見せない彼のそんな一面を友人として受け止めながら、真意の見えぬ彼の来訪を制作の邪魔だと感じていたはずの私はいつしか、Nと過ごす時間が特別なものになっていることに気付く。
絵を描くことを軸に人生を送る「私」と、社会人として客観的な価値観を自分に律するN。違う世界で別のものを見て生きる他人であるはずなのに、誰よりも身近に自然に笑いあえるということの尊さ。近いうちに失われる特別な時間と、叶わないのが分かっている恋を互いに諦めるという、甘くつらい悲しみと祈り。


【抜粋】
「僕を羨んでくれる人が居るとすれば、それは僕のことを何一つ知らない人だと思う」
 先ほど、眠り込んでしまう前にNの言った言葉。嘘と虚栄で塗り固められているとNが言うN自身の虚像は、ピンナップにされた昔の映画のスターの笑顔のように隙がなく整ったもので、Nは優秀であるが故にその虚像を虚像と誰にも見抜かせて居ないのだ。

 Nはどんな夢を見るのだろう、と毛布をかけながら無防備に眠るNの整った寝顔を見下ろして思う。無防備さを許さない虚像の仮面をつけたまま暮らすNは唯一仮面を外す眠りの中で、どんな景色を見るのだろう。内面に芸術への熱を静かに秘めながら、その熱はNをいつか内面から焦がし始めるのかもしれない。私は絵を描くことで、熱を外へ逃がすことができるけれど、Nは熱を逃がすすべを持たないのだ。Nの中に煮詰められてゆく熱をもった景色はどのようなものだろう。煮詰める間もなく逃がしてしまう私の中にあるものよりも濃密で美しい景色をNは胸の中に秘めている。私の中には存在しない人生の時間で煮詰められた濃さの景色を、描くことができたら。私はいつかNの見る夢の景色を絵に描いてみたい、と思った。


5月5日第18回文学フリマ、宜しくお願いします。【A-15】でお待ちしてますヽ(´▽`)/
[PR]
小説冊子の紹介ページがないわ、と思ったので、いまさらですが作ります。
以下、現在中野ブロードウェイ三階タコシェさんで全てお取り扱いいただいています。
店舗で見当たらない場合は、お店の人に聞いてみて下さい。本棚には見本しかないです。
タコシェサイト上からメールで問い合わせて頂けたら、通販も可能です。



『月夜』A5、40頁、400円、2012年5月発行、残部僅少
浪人の後、念願の美大に合格した『僕』は、父の友人『先生』の独居する家で暮らすことになる。
「僕が、絵を描きたいと思ったのは、先生の画集『月夜』を父の書斎に見つけたからなんです」
子供の頃から憧れてきた青い月夜を描く画家であった先生は筆を折り、自らの作品についても語ろうとしなかった。先生との穏やかな同居生活の中で、僕は『美しいもの』とは何かについて考える。月の高いある夜に、先生が語った本当のこと。
絵を描くこと。形を造ること。証を残すこと。物を造るということに対して、真剣な方に。


『領域』A5、48頁、400円、2012年5月発行、残部僅少
鎌倉の山間に古民家を買って暮らす人嫌いの『僕』の元へ、親戚の叔母が見慣れぬ少女を連れて訪れた。
「何を言ったって一緒よ。どうせ、口がきけないんだから」
赤い唇で下卑た笑いを浮かべる叔母に対する反感で、少女を引き取ると口走った僕は、口のきけぬ娘のような歳の少女と一緒に暮らすことになる。少女との声のない暮らしの中で、人に期待されることなんて思ってもいなかった暖かく確かなものを思い出し、手繰り寄せるようになる。
静けさや、季節の匂い、空気の色や、軋む音。美しいものを読みたい方に是非。
文学フリマ非公式ガイドブック第三版にてご紹介いただきました!ありがとうございます!


『ワルツ』A5、44頁、400円、2012年11月発行、残部僅少
脚本を担当した同名の映画作品を小説化。
雪に閉ざされた廃校の中に住む踊り子『紅』と、失意の中でそこに辿り着いた『僕』の一冬。
全てを失って白に閉ざされた静けさの中に滲む、確かなもの。
日常ではない日常を、白に閉ざされて時間の動かない場所で、僕と紅は眠るように暮らす。
いつか春が来るんだろうか。雪が解けることなんて、夢にも見ない永遠の冬の景色の中で
この季節が終わることを、僕はいつしか怯え始めていたのかもしれない。
(映画版『ワルツ』の映像を用いたPVをYouTubeにてご覧頂けます。
http://www.youtube.com/watch?v=0BbdqtGh86I


『乙女椿の咲く季節』A5、136頁、600円、2012年11月発行、残部僅少
「私はただ、今までみたいに穏やかに普通に、暮らしていたいだけなの」
大学卒業を間際に控えた『私』は、卒業後の生活を失う不安と直面して
大学生という肩書を失うということを、初めて恐ろしいことだと感じた。
私が『私』であることを許されていたいと思うのは、それほど特別で傲慢なことなのかとか。
そんなこと、分かる訳がない。できることは頑張るけれど、できないことはできない。
渦中に居ないと見えないこと。渦中に居ると気付けないこと。
無防備な姿で、世界に放り出される瞬間に感じたことを忘れたくない人に。


『犬尾春陽 窓辺作品集 一、身体』
『犬尾春陽 窓辺作品集 二、死』
『犬尾春陽 窓辺作品集 三、幻』A5、各60頁程度、各500円(税抜)、2013年4月14日発行

WEB文芸誌窓辺に掲載した作品を、同誌卒業に伴い、テーマごとの冊子にいたしました。
『一、身体』は、窓辺掲載作の中から『ババロア』『純潔』『鋭角』『手』『足』『繭』を収録。
『二、死』は、窓辺掲載作の中から『神様』『リンデン』『K貝類館』を収録。
『三、幻』は、窓辺掲載作の中から『イメージ』『Mさんの話』『夜に棲む者たち』を収録。
比較的硬質な初期作品から、柔らかで読みやすい最近の作品までを含む、犬尾代表作品集とも言える冊子です。


『マズロウマンション』A5、116頁、1000円、2013年11月4日発行
『欲望まみれマズロウマンション』と呼ばれる一人の男が築いた『この世の楽園』で
紡がれていく愛と欲と夢と憧れと軽蔑と絶望の日々。
彼の企み、少女の野望、ウサギの嘆きと、渦中で目撃者となってしまった私、ウェンディ。
黒いベールに深く隠された顔を決して見せない管理人リリーの抱く過去。
沈黙の中、それぞれの思惑を闇に包んで見守るこの建物に隠された本当の姿とは。
「ここで暮らすためには幾つかの決まりを守って貰わなくちゃいけないのだけど
 ――できるかしら。ウェンディ?」
本文抜粋の紹介はこちら



随時更新していきます。
[PR]