新刊『スノビズム』

今回、第18回文学フリマにご用意した新刊『スノビズム』について。
A5、40ページ、500円、2014/05/05発行

これは以前、WEB文芸誌窓辺に掲載したことのある作品なので
当時読んでくださった方も居ると思います。
今回、冊子にするにあたって、懐かしく思ってくださる方が居ると嬉しいなと思います。
犬尾春陽として、初めて『恋愛小説』というものを書いた作品です。
手に取ってくださった方に、瞼の裏の甘い幻と祈りが届きますように。

【作品紹介】
「N」は美しい青年だった。誰よりも優秀で、他人に劣等感すら覚えさせるような彼が、自室にこもり個展に向けて一人きり絵を描き続けている「私」の部屋を、夕食を持って毎夜訪れるようになった日々。
 完璧な人間を演じる見た目からは分からないNの弱さ。子供のように笑う一人の青年としてのNの無防備さ。結婚が決まっている年上の恋人には見せない彼のそんな一面を友人として受け止めながら、真意の見えぬ彼の来訪を制作の邪魔だと感じていたはずの私はいつしか、Nと過ごす時間が特別なものになっていることに気付く。
絵を描くことを軸に人生を送る「私」と、社会人として客観的な価値観を自分に律するN。違う世界で別のものを見て生きる他人であるはずなのに、誰よりも身近に自然に笑いあえるということの尊さ。近いうちに失われる特別な時間と、叶わないのが分かっている恋を互いに諦めるという、甘くつらい悲しみと祈り。


【抜粋】
「僕を羨んでくれる人が居るとすれば、それは僕のことを何一つ知らない人だと思う」
 先ほど、眠り込んでしまう前にNの言った言葉。嘘と虚栄で塗り固められているとNが言うN自身の虚像は、ピンナップにされた昔の映画のスターの笑顔のように隙がなく整ったもので、Nは優秀であるが故にその虚像を虚像と誰にも見抜かせて居ないのだ。

 Nはどんな夢を見るのだろう、と毛布をかけながら無防備に眠るNの整った寝顔を見下ろして思う。無防備さを許さない虚像の仮面をつけたまま暮らすNは唯一仮面を外す眠りの中で、どんな景色を見るのだろう。内面に芸術への熱を静かに秘めながら、その熱はNをいつか内面から焦がし始めるのかもしれない。私は絵を描くことで、熱を外へ逃がすことができるけれど、Nは熱を逃がすすべを持たないのだ。Nの中に煮詰められてゆく熱をもった景色はどのようなものだろう。煮詰める間もなく逃がしてしまう私の中にあるものよりも濃密で美しい景色をNは胸の中に秘めている。私の中には存在しない人生の時間で煮詰められた濃さの景色を、描くことができたら。私はいつかNの見る夢の景色を絵に描いてみたい、と思った。


5月5日第18回文学フリマ、宜しくお願いします。【A-15】でお待ちしてますヽ(´▽`)/