短編小説【喫茶店の話 ⑥娘たちの昼下がり】

 土日ともなれば満席になることがあるけれど、基本的に平日昼間の喫茶店の時間の流れは緩やかだ。ぽつぽつと席を埋めるお客はそれぞれに一人の時間を愉しむ人が多く、僕は彼らの時間を邪魔しないように、呼ばれた折にしか客席へ出ないことにしている。
 扉が開く。左右の手に駅前のデパートの紙袋をいっぱいに提げたおばあさんが4人、店内へ入ってくる。
「いらっしゃいませ」
 人数分の水とメニューをトレイに乗せ、僕は水に気を配りながら、彼女たちの選んだテーブルへ近付き小さく礼をした。
 彼女たちは僕の存在に気付いていない様子で各々の首に巻き付けたマフラーやモコモコした素材の上着を外すことに夢中だった。邪魔にならぬよう間から静かに水のコップを4つテーブルに下ろす。黒い別珍のワンピースを着たその中の一人がこちらに顔をあげて「ありがとう」と微笑んだ。
「ご注文が決まりました頃にまた参ります」
 会釈を返してテーブルの中央にメニューを広げ、彼女たちがそれを覗き込む後ろから声をかけてテーブルを離れた。
 僕が離れると同時に花が咲いたように彼女たちが歓談を始める。
「わたしね、フレンチトーストにする。決めてたの」
「プリンアラモードですって!」
「ケーキもいいわね」
「わたしホットケーキがいいわ」
「アイスクリームもあるわよ」
「コーヒーにする?」
「紅茶がいいわ、温かいミルクティー」
 遠ざかる背後から聞こえる声は、学校帰りの娘たちのもののように思えて微笑ましく、私は頬からこぼれそうになる笑みを保ったままカウンターへ戻る。彼女たちも何十年か前は、白い靴下をはいた女学生だったんだな。革の重い鞄を提げて、髪の毛を三つ編みに束ねて、放課後に甘いものを食べに来る娘たち。時間は流れて姿は変わっても、彼女たちは何も変わっていないのかもしれない。恋をしたり、結婚をしたり、出産をしたり、子供が大きくなったりする時間の流れがあったとしても、平日のお昼間に待ち合わせてお買い物をし、甘いものを食べて笑いあう姿は娘たちのままの気配を残している。可愛らしいな、と素直に感じて私は笑みをこぼした。
「……何笑ってるんですか?」
 怪訝な顔をした少女に「え、いや、」と口籠り、「何でもないよ」と答える。この子も何十年かの人生を経て、あんな可愛いおばあさんの一人になるんだろうか。そんなことを言ったらこの子は怒るんだろうかと思いながら。

(元我堂出版冊子『ランプ』第3号より再掲)
[PR]
by pinngercyee | 2013-08-03 23:04 | 短編小説