神保町の地下室『トロワバグ』

神保町に足を運ぶたびに、どこの喫茶店を訪れるか迷うのが、私の楽しみの一つになっています。
訪れた時の、季節や同行者、時間帯にもよって、その時々で選ぶ目的地は異なるのですが
私の選ぶ店は、いつ訪れてみても外れのない下の数店の中からに絞られつつありました。

神保町の喫茶店で、私が初めて知った店、映画『東京日和』に使われたという『さぼうる』。

美味しい珈琲が飲みたい時は、日曜日に古書のセールをしている小宮山書店地下の
神田伯剌西爾(ぶらじる)』。

薄暗く広さのある店内で、静かな時間を持ちたい時には『ラドリオ』。
夜はバーになるので、私が訪れるのは昼のみ。

その向かい、珍しいタンゴ喫茶として、今なおクラシックな佇まいを保つ
ミロンガヌォーバ』。

神保町で一番古い喫茶店だったという『きゃんどる』は
小学館向かいのビルの一角に移転しながらも、慎ましい小部屋として凛と存在しています。



ところどころで名前を見かけながら、訪れたことがなかった『トロワバグ』を
先日、初めて訪れることが出来ました。
久しぶりに会った物知りの妹と歩いているとき、どうせなら彼女も私も知らない場所を
訪れてみたいと思ったことで、『トロワバグ』の名前をふと思い出したのです。

「あの辺にある店だと思うんだけど」という私の曖昧な誘いに
妹は嫌な顔をせず付き合ってくれました。
今まで、幾度も通り過ぎたことのある場所、神保町の交差点の一角にあるはずの場所を
私はそれまで、見つけることが出来ておらず、見つけられなかったらどうしようという不安も
片隅に過る気持ちもありながら、地下鉄駅の集まる神保町交差点へ足を向けました。

目指す看板は、あっさりと見つけることが出来ました。
それまで一度も、知りつつ見つけることのなかった看板がこんな夜に現れたのは
まるで、久しぶりに会う物知りの妹と色んなことを話す夜を
店が選んで迎えてくれたように思えました。

a0223987_17541319.jpg

逆に言ってしまえば、それまでどうして私はこの店を見付けることが出来なかったのでしょう。
これほどまでに、堂々と存在している場所を、私がそれまで見付けることなくいたということは
結局のところ、神保町を訪れるたびに、私の中でその日訪れるべき場所が強く他に固まって
しまっていたということなのかもしれないと感じました。

a0223987_17544311.jpg

階段を下りて店内に入ると、そこは正面にカウンターのある造りになっていました。
別珍使いの椅子が並ぶ落ち着いた店内は、気品のような空気が在るように感じました。



都市ごとに人々が喫茶店に期待する用途が異なるように、
都市ごとに、もっと言えば街ごとに、喫茶店の持つ矜持の持ち方は違うと思います。
多くの人が行きかう都市部の一角で、人は一時の憩いを期待する場面が多くなる半面で
郊外の喫茶店には、穏やかな休日の景色を求める場合が多くなるように思います。

仕事を持ち込みたい忙しい人を迎えるための場所。
仕事を忘れる一時の休息のための場所。
駅の近くで、人と待ち合わせるための一時を穏やかな時間として与える場所。
親しい友人や恋人と、一日の記憶を非日常として埋めるための場所。
もしくは、自分で自分を持て余した時にでも、訪れれば迎えてくれる安息所。
本を読みたい人の場所。
誰にも知られない一刻の自由を得るための場所。
『喫茶店』という一言の中には、そこを訪れる人の数えきれないほどの期待が収斂され
都市ごと、街ごとの表情の中で共存するために、喫茶店は自分の輪郭を整えていくのだと感じます。

己の休息を求める東京の喫茶室が、居心地の良さと気安さを重んじられる傍らで
喫茶文化が栄えている都市として、名前が挙げられる京都は主に
来客をもてなす場所としての喫茶店が繁華街の中に息づいていました。
なので、京都の喫茶室は、迎賓のための場所であることが多く、気品が求められたのだと思います。

私が、この店を訪れた時に感じた記憶に滲む感触は
京都で暮らした時の、個人の記憶の中からくる懐かしさだったのだと思います。



店内に入り、この店の空間に私の感じた懐かしさのような既視感について
同時期に京都で暮らした妹に伝えると、彼女も同じことを感じたと納得してくれました。

a0223987_18161256.jpg

メニューから、私は苦みの強いハイブレンドを。彼女はトロワブレンドとカボチャのプリンを。

a0223987_18175316.jpg


一口食べさせてもらったカボチャのプリンは
以前私が働いていた今はない名曲喫茶で手作りされていたものものと似た濃厚な舌触りでした。

私はトロワバグを訪れて、無意識のうちに何度も、名曲喫茶みゅーずを思い出していたのだろうと
今、こうやって書きながら感じました。
どこが似ていると論うことはできませんが、普段思い出すことのない記憶を想起させる
かつてのみゅーずにあった気品と気安さの共存する静かな空間を、東京の街で訪れることが
現実感のないような不思議な気持ちで受け止められたのだということが、今になってわかります。

平日の夜、先客も居ない店内で、私と妹は、色んなことを話しました。
姉妹でないと話せないこと。
家族でないと話せないこと。
同じ時期に京都で過ごしたお互いでなければ話せないこと。
お互いの人生についてのこと。
お互いに東京の街の中で働きながら暮らしているから話せること。
趣味の重なることについて。趣味の重ならないことを理解しながら尊重していることについて。
私の知らないことを知っている妹。彼女の知らないことを経験している姉としての私。

色んなことを話しながら、私は自分の輪郭を確かめようとしていたのかもしれません。
そして、彼女が一人の友人ではなく、妹であって良かったということを確認したのかもしれません。



そんな時間を過ごすことのできる喫茶室でした。
多くの人の行き交う神保町の交差点の傍らに、こんな場所があることを知っている人は
どのくらい居るのでしょう。

興味をお持ちの人は、訪れてみて下さい。
買った本を傍らに。
気の置けない話のできる誰かとともに。

トロワバグ
[PR]
by pinngercyee | 2012-08-13 18:33 | 東京