D坂のアイドル

地下鉄千駄木駅を地上に上がった十字路は、団子坂下と呼ばれています。

団子坂は、江戸川乱歩が『D坂の殺人事件』のモデルにした地域であり、
また、筋肉少女帯の『GOGO蟲娘』という歌の歌いだしが「D坂あたりのGOGOクラブで」というもので
私個人だと、こちらのほうが印象が強く、平たく言えば文化と退廃と昭和の匂いのする
少しの憧れのある地名でもあります。

東京大学に近い根津から千駄木・谷中に続く地帯は『谷根千』と呼ばれ
古く小さな家が多く密集する細い小路を猫が多く歩く地域で
そこここに小さなギャラリーや古道具屋、古書店などがある、散歩すると楽しい地域でもあります。

さてそのD坂を上がった左手に、『あめ細工吉原』というお店があります。
ある日の散歩の途中に、偶然知ったお店なのですが、
私が言葉を尽くすより、動画を見て貰ったほうが早いと思うので、貼っておきます。



飴細工師さんが目の前で、熱く溶けた柔らかな飴の一塊を指先で練ると
魔法か手品のように、あらゆる物が一瞬で姿を現します。
その様は、何度見ても息を飲み、自分の目を疑ってしまうほどの奇跡のように思えます。
千駄木にお散歩の際には、少し足を延ばして、奇跡に目を見張ってみてください。

そして、このお店のキャラクター(というより主)が、上記の動画にも出てきたあめぴょんです。
あめぴょんは、ご覧のとおり、無邪気なルックスの可愛いウサギなのですが
フリーダムでデストロイなキャラクターで、知れば知るほど私はメロメロなのです。

友人に「ちょっとしたものをプレゼントして、喜ばせたい!」と思った時
私は地下鉄で千駄木まで足を延ばし、坂を上がって、あめぴょんを買いに行きます。
飴細工師さんはちょっとしたリクエストを聞いてくれるので
目の前でリクエストに沿ったこの世に一つのあめぴょんが生まれる様を見ることができます。
シンプルなもので、あめぴょんひとつ630円から。
見てよし食べてよし飾ってよしな、ある意味無敵なお土産だと思います♡
あめぴょんファンが増えることを祈って。

あめ細工吉原
[PR]